声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

マギアレコード果無しのミラーズ

メインストーリー1部第2章クリアで開放。

対戦で一定ポイントが溜まるとエピソードが開放される。

いわゆる対戦モードだけど、相手はコンピュータ操作。
対戦チームはランダムに表示される3チームから選択。
これは他のプレイヤーのミラーズ用パーティが表示される。
逆に自分のチームが勝手に誰かと戦うこともある。
結果は翌日以降、ミラーズを開くとわかる。

デイリーミッションでバトル回数に応じてアイテムが貰える。

1回:ミラーズコイン
3回:マスタージェム++
5回:マギアチップ

回数だけが条件なので、わざと弱いチームをセットして瞬殺されるのもアリ。

第1鏡層

ある日、いろはは魔女の手下から「招待状」を受け取ったらしい。
そこは「鏡屋敷」で、なぜかみたまがいた。
屋敷には合わせ鏡があって、魔女の手下のアイアンメイデンがいろはを結界に閉じ込めた。
結界にはいろはの偽物がいた。
性格は違う……と言うか、自我が無い印象。

以降、何度かミラーズバトルを行ってポイントを貯める。
ゲージがMAXになると次のイベントが開放される。

第2鏡層果てを求める旅へ

いろはが自分の偽物を倒すと、元の屋敷に戻っていた。
いろはにとっては「さっき」だったけど、
みたまの前からいなくなって5時間経っていた。
みたま曰く、ここは「鏡の魔女の屋敷」らしい。
鏡の魔女は魔女を狩る魔法少女を誘引して殺そうと狙っていた。
合わせ鏡の結界「果なしのミラーズ」の奥に魔女の本体がいる。
……というウワサになっていた。

ミラーズでは魔法少女のコピーが取られてしまう。
なのでみたまは、偽物とわかったら遠慮なく倒せと助言してた。
あと、鏡の魔女には神浜の秘密が隠されているらしい。

ミラーズではミラーズコインが手に入る。
調整屋でミラーズコインとアイテムを交換できる。

再びミラーズバトルでポイントを貯めると、次のイベントが開放される。
以降も同じ。

第3鏡層怒る彼女と泣く彼女

いろはが再び結界に入ると、かえでがかえでのコピーに説教されてた。
性格がフェリシアみたいな傲慢キャラだったので、偽物とすぐにわかった。
いろははかえでと共に戦おうとしたけど、
外見はかえでそのものなので攻撃を躊躇していた。
そこにやちよが現れて、代わりに偽かえでを倒したらしい。

第4鏡層離れ離れの三人

やちよは結界の謎解きに1人でミラーズを調査してた。
そこで偶然、いろは達と遭遇したらしい。
でも「たまたま」と強調するのは、何か怪しい……。

かえではレナとももこと一緒に来てはぐれていた。
かえでの偽物に驚いて逃げてレナを見失ったらしい。
3人は取りあえずミラーズから出て、屋敷に戻った。

第5鏡層帰りは怖い

みたまはレナもももこも戻ってないと証言。
やちよは、かえでがレナを心配すると怒ると諭してた。

いろははミラーズがなぜ特殊な結界なのか、みたまに聞いてた。
ミラーズにはいつでも入れて自由に出られるけど、
戻って来ない魔法少女もいると、みたまは不安を煽ってしまったw

やちよ達は再びミラーズに入って、レナ達を探す事にした。

第6鏡層鏡よ鏡

ミラーズに入ると、阿見莉愛という魔法少女がいた。
莉愛はやちよのライバルだと名乗った。
……とは言え、やちよは莉愛の名前を覚えてなかった。
莉愛は自分の美貌を自慢しようと、
鏡の角度を変えてやちよに向けていた。
すると、やちよが急に消えてしまった。

第7鏡層阿見莉愛にお任せ

莉愛は「事故」と主張して自分は悪くないとアピールしてた。
いろは達は取りあえずやちよ達を探すのに立ち去ろうとした。
莉愛は「ちょーっと暇」なので、人探しを手伝うと申し出た。
いろは達が受け入れると、莉愛は勝手に1人で先導し始めた。

第8鏡層許せない肖像

やちよが気付くと結界の中だった。
莉愛が鏡をやちよに向けてたせいで、転移してたらしい。
そこにももこが現れてやちよを攻撃した。
やちよを偽物と勘違いしてた。
更に偽やちよも現れたので、ももこは本物のやちよだと気付いた。
ももこは本物があんなねじ曲がった物言いはしないと怒ってた。
やちよは自分をどう思ってたのかを聞いて、ももこをからかってた。
2人でダベってたせいで他の偽者も集結してしまった。

第9鏡層ささやかな復讐(前編)

莉愛が急に立ち止まったので休憩にしようとしたら、
そこにレナらしき人影が立っていた。
かえでが話しかけても切れないので、偽物だとバレてた。
……とは言え、そのリアクションは可愛げがあるもので、
かえではお話させて欲しいと戦うのを保留にした。
かえでは偽レナのほっぺをツンツンしたりして、偽レナをからかっていた。
そこに「ずいぶん楽しそうね」という誰かの声が響いた。

第10鏡層ささやかな復讐(後編)

声は本物のレナで、レナを待たすなんて最低とぶち切れてたw
偽レナはその隙にかえでを攻撃しようとしてた。
レナは気付いて偽レナを攻撃した。
偽レナは、かえでちゃんのお腹をザクザク刺すつもりだったのに、とはしゃいでた。
そこにももこ、やちよも合流してた。
どっちが本物かわかりきってるのに、
やちよは強い方が本物と決めようと主張してた。

第11鏡層 覗き込む鏡の深淵

いろは達は元の屋敷に戻ってた。
やちよはまだ阿見莉愛の名前を覚えてなかった。
莉愛は自分がやちよを飛ばしたので結果的に合流できたと主張してた。
みたまは鏡に映すのは止めた方がいいと忠告してた。
なぜならミラーズは不安定なので何が起きるかわからないから。
みたまはなぜか莉愛にだけ、鏡に気をつけてと注意してた。
莉愛は内心、次は手鏡持参しようと決めてた。
みんなが帰ってもいろはは残ってた。
それは心の奥がちくちくするから。
みたまは鏡の自分を覗きすぎると自分を見失うと忠告してた。
とはいえ、魔女を倒せばいいのと楽観的に励ましてた。
みたまとしては、ミラーズの商売は手間がかかるので終わらせたいらしい。

第12鏡層 いろは、再び

いろははまたミラーズに来てた。
そこに鶴乃も現れて、同行を申し出てた。
実はやちよから、いろはがミラーズに来たら助けるよう頼まれてた。
……という独り言を言って、いろはに怪しまれてた。
鶴乃は精神集中で声が聞こえると教えてた。
すると本当に声が聞こえた。
……ので、鶴乃自身も驚いてた。
それは木崎衣美里の声だった。
いろはは木崎を知らなかった。
てことは、まだ神浜に来て日が浅いタイミングっぽい。
鶴乃が木崎をみんなを導くすごい人とか先生とか褒めると
木崎のミラーズ達が現れて一斉に否定してた。
「友達、友達」とか「先生とかマジ勘弁」とか言ってた。
そこはミラーズでも嫌なポイントなんだw

第13鏡層 賑やかな会議

木崎はミラーズの自分と友達になってた。
いろははレナのミラーズが親しげに近づいて
いきなり刺そうとしたのを思い出してた。
木崎は先輩と友人と一緒にミラーズに入って1人だけ迷子ったらしい。
木崎とミラーズはいろはに「ろっはー」というあだ名をつけてた。
いろはは「はあ」としか言えなかったw
鶴乃まで「いろっはー」呼びしてた。
先輩達を探すため、ミラーズ達は解散した。
いろははあっさり解散したので驚いてた。
先輩達を探すのは本物の役割。
とミラーズ達はわきまえていた。
探すのはみゃーこ先輩とりかっぺらしい。

第14鏡層 先輩と後輩

いろはは木崎を疑ってじっと見てた。
木崎はにきびが出来てると勘違いして焦ってた。
一緒に歩いてるとみゃーこ先輩と遭遇してた。
木崎はみゃーこの返事を聞いて、何か違和感を持ったらしい。
みゃーこは鶴乃を鶴ピーと、いろはをろっはーと呼んでた。
鶴乃がみゃーこをリスザルみたいで可愛いと褒めると、木崎は動揺してた。
ところがみゃーこはありがとうと礼を言った。
木崎はみゃーこのコピーだと見抜いた。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)