声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

マギレコお願い結菜さん

2021年8月10日から21日までの限定イベント。
内容は結菜がプロミストブラッドの悩みを解決する日常回っぽい。

マギレコお願い結菜さん

心優しき革命家(+15)
未来を語り、鬼は笑う(+5)
をセットすると憩いのアイスのドロップが増える。

BATTLE1は、プロミストブラッドの定例会。
アオとらんかが定例報告会から急いで帰りたがってた。
さくやは恋愛相談の雑誌を気にしてた。
樹里は受験勉強?試験勉強?してた。
うららはひかるに何か言いたげだった。
様子のおかしい人が増えたとひかるは考えてた。
結菜は今日は解散させた。
ただ、ひかるは呼び止めた。

BATTLE2は、結菜が悩み相談をしようと決める。
悩みを抱えたままでは戦いに支障が出る。
悩みの種を取り除くのも上の者の仕事。
まずは重症っぽいさくや。
でも直接聞くのはヤボ。
ひかるはさくやが恋愛の悩みを持つのを信じられなかった。
人を印象で判断するのはよくないと結菜は諫めた。
二木に戻ったら、仲いいうららに聞く。
ひかるもスマホのメッセージを読んで沈んでた。
ひかるも悩みがある?

BATTLE3は、さくやの悩みが判明した。
うららに聞くと、最近のさくやは恋愛情報を調べまくっているらしい。
さらにうららに恋の相談をしようとして、
人に聞いて解決するのはダメと中断してた。
恋愛は個人の自由。
でも戦いに支障が出るなら。
……恋の悩みを解決してあげましょう。
と結菜は決めた。
そう来るっすかとひかるはツッコんでた。
結菜、本来の性格は善っぽいんだよね。
まだ第2部進んでないから、何となくだけど。

さくやを呼ぶと、うららが恋してるのか直球で聞いてた。
うらら曰わく、さくやは恋愛系SNSをフォローしたり、
恋愛ソングを聴き始めたり
ラジオの恋愛相談に長文お便りを送ってるらしい。
……と聞いて、ひかるは引いてた。

BATTLE4は、さくやの悩みを解決する方針を決めてた。
さくやは後輩から恋愛相談を受けてただけ。
幼馴染みに告白したいと。
とにかく自力で解決するからと、
さくやは話を打ち切ろうとしてた。
結菜はグループの足並みが乱れるのを避けたい。
さくやは前の作戦で敵の手助けをした。
みんなの信頼も失いかけてる。
これ以上、問題を起こすわけにはいかない。
……ので、さくやの悩みを解決する。
と聞いて、うららは驚いてた。
もっと怖い人と思ってたと。
仲間には激甘と、ひかるはフォローしてた。
みんなで考えれば答えが見つかるかも。
ひかるに招集を頼むと、スマホ見てたひかるは上の空になってた。
うららもひかるを見て何か言いたげだった。

BATTLE5は、結菜の自宅で恋愛相談してた。
らんかは「は?」と飲み込めてなかった。
さくや曰わく、後輩と幼馴染みは普通に仲良しな友達らしい。
ひかるは正直に想いを伝えると主張した。
アオは幼馴染みの関係が壊れるのは怖いと反対してた。
恋愛は戦争。
ぼーっとしてたら他のやつに取られる。
とらんかはアオに反対してた。
樹里は試験勉強の暗記をしながら、
当たって砕けろと雑に反応してた。
フラグを立てずに突撃するのはバカがすることと、らんかは反対してた。
さくや曰わく、恋愛対象とすら見られてないらしい。
アオはデートへの誘いを目標にすると提案した。
さくやはその提案を後輩にメッセージ送信してた。
一方、アオはメッセージを見て落ち込んでた。

BATTLE6は、アオの悩みが判明。
アオは最近、神浜に出かけることが多くて親に怒られていたらしい。
eスポーツの大会があると言い訳したので、
本当に大会に出ないといけなくなった。
みんなでゲームやってる写真を撮りたい。
友達の家でリモート大会と言ってるので姉様の家で撮りたい。
チャットでみつけた子とチーム組もうとしてる。
今は返事待ち。

BATTLE7は、レナとニアミスしてた。
大会はLinkSというアイドルのスマホゲームらしい。
ゲーム内容は当日発表。
チームを組む子とボイスチャットで確認してた。
相手はレナだった。
……ので、らんかはボイスチャットを切った。
らんか以外、今の声がレナと気付いてなかった。
らんかは神浜の子にゲーマーとバレるといろいろ厄介と言い訳した。
代わりに結菜に大会に出るよう頼んでた。

BATTLE8は、大会当日。
大会に出ればいいのでゲームのうまさは関係ない。
結菜も出るなら、5人そろえるのにひかるも樹里も出る。

大会ゲームはライブハウスを歌と踊りで守る。
フードやドリンクを配って利益を出す必要もある。
敵のライブハウスを攻撃し、倒す必要もある。
ナウでヤングなピチピチの女の子というチームがレナのチーム。
ネーミングセンス、昭和かよw
レナはLinkSのリズムゲーで高得点出してた。
でも守備のかえでが敵を守ってしまってた。
料理はみたまがやって、黒煙出してた。
十七夜は接客サービスしてたけど、それは得点にはならなかった。

BATTLE9は、大会の結果。
結菜たちは仲良し姉妹というチーム名だった。
親に見せるなら仲良さげな名前がいいとアオが決めたらしい。
樹里は見境なく攻撃してた。
結菜は武器を持って接客してたので、誰も寄りつかなかった。
ひかるは料理して炎上させてた。
樹里はその炎を敵に投げつけた。
すると敵が爆発した。
これは隠しコマンドだったらしい。
でも点数は低かった。

結果は特別賞をもらってた。
隠しコマンドを発見したのが理由。
アオはみんなで写真撮ってた。
結菜とらんかがいると怖い人と付き合ってると思われるから
結菜とらんかはトリミングして送信してた。
イラストだとそんな雰囲気じゃないんだけどw
アオの両親は写真見て喜んでた。
レナたちも特別賞もらってた。
景品は同じで、うちのチームにはアタリとらんかは考えてた。

BATTLE10は、また定例報告。
さくやの後輩はデートに誘うのに成功してた。
アオも外出制限が緩くなってた。
樹里はずっと試験勉強してた。
ひかるもぼーっとしてた。
でもひかるは結菜には相談できないらしい。
さくやとテレパシーで相談して、
結菜は樹里の方が爆発しそうと答えた。
結菜に電話がかかって、相手に謝ってた。
さくやは結菜も悩みがあると察してた。

BATTLE11は、樹里の追試対策だった。
次の追試を落としたら留年から落第らしい。
退学だと引っ越しも有り得る。
そもそも素行不良で退学になりかけてた。
奇跡を願ってまですがりついた学校生活だった。
どういう願いだったんだ……。
試験は明日。
科目は国数英社理。
無理ゲーじゃんと、らんかはツッコんでた。
樹里は素直に勉強を教えるよう頼んでた。
樹里が素直なので、ひかるやうららは驚いてた。

BATTLE12は、樹里の勉強シーン。
赤点を取らなければいいので、満点は目指さない。
確実に出るとこを抑えると結菜は方針を決めた。
勉強のストレスをアオやらんかと模擬戦やって解消してた。
徹夜で勉強して日が昇ってから終わった。
ひかるとうららはもう寝てた。
追試のプリントを確認すると、樹里は何かに気付いた。

BATTLE13は、みんなで手分けして読書感想文を書いてた。
読書感想文を7冊分書くのを樹里は忘れてた。
登校まで2時間しかなかった。
9時として、いま7時?
提出しなかったら留年か退学。
みんなで手分けして書くと結菜は命じた。
結菜が読んだ本のあらすじを話す。
さくやもスポーツ系ならあらすじを話せる。
レビューサイトをパクるとバレる。
みんなが書いた感想文を樹里が手書きで移してた。
そのままだと筆跡でバレるから。

BATTLE14は、追試に受かってた。
試験問題はどれも結菜の予想が当たってた。
担任は急に成果を出して驚いて褒めた。
樹里は照れつつ仲間が手伝ってくれたと答えた。
いいお友達ができて先生嬉しいと。
でも感想文は文体の違いや本のジャンルもバラバラなのでバレた。
でもいい仲間に免じて今回は許すと。
作文は再提出を命じてた。
これで留年も退学もなし。
ついでにお友達にこれを持っていってと、卒業生のお土産を渡してた。

一方、結菜はスマホの着信に溜息着いてた。
結菜まで問題だと作戦どころじゃないと、さくやはツッコんでた。
結菜は、いまはうららの問題を優先させたいらしい。

BATTLE15は、うららの問題を聞いてた。
うららの悩みは大人っぽくないこと。
アオさんみたいにスタイル良くないと。
だからひかるをチラチラ見てた。
ひかるとらんかさんに喧嘩売ってんすかと怒ってた。
らんかはアタシを巻き込むなと怒ってた。
でも結菜は本当の悩みは何か聞いてた。
声の調子で嘘ついているとわかるらしい。

BATTLE16は、うららの悩みが解消した。
うららはひかるの生徒手帳を拾った。
手帳の中は結菜の写真が異常に入ってた。
これを人に見せていいのか迷ってた。
でもひかるはずっと結菜と一緒で渡すチャンスがなかった。
というのが、うららの悩みだった。
うらら以外、みんなそのことを知ってた。
それくらい平常運転らしい。
あとは結菜の悩み。
と言ってる側から電話がかかった。
生徒会に行ってくると、ひかると一緒に出てった。

BATTLE17は、結菜の悩みがわかった。
結菜は生徒会にしばらく行ってなかった。
生徒会では一度結菜の話が聞きたいと。
いままでは理由を付けて顔を出さなかった。
もう誤魔化しは無理。
ひかるは生徒会にお願いしたらと提案してた。
話したら何とかなるかもと。
今までは生徒会にお願いしたことはなかった。
あなたにはいつも大切なことを教えられると、
結菜はひかるにお礼を言ってた。

BATTLE18は、生徒会に事情を説明してた。
結菜が生徒会に来なくても仕事はこなしてはいる。
一般生徒はそのことを知らない。
会長を問題にする可能性がある。
不当な評価を受けたら悔しいと生徒会側は訴えた。
結菜はプライベートが立て込んでいるので、
もう少し待ってほしいとお願いした。
それが終われば学校改革を進めると。

BATTLE19は、生徒会の説得に成功した。
生徒会の副会長?は結菜のお願いを聞き入れてた。
学校を変えたくて結菜の元に集まった者ばかり。
会長を信じて待つと。
他の生徒がごちゃごちゃ言っても何とかする。
会長が理由を付けて休んでいるのは、
学校改革をやる気がないと不安だったらしい。
結菜はひかるの言うとおりだったと、お礼を言ってた。
それは結菜の普段の行い、
積み上げてきた信頼の賜物と、
ひかるはフォローした。
ひかるも悩みがあったんじゃないと結菜は聞いた。
それは自分で答えを見つけられそうと、ひかるは答えた。

BATTLE20は、アイスパーティしてた。
ひかるは新作アイスを結菜にプレゼントした。
何を贈るのかを悩んでいたらしい。
アオとらんかもゲーム大会景品を持ってきた。
それはひかると同じ種類のアイス。
さらに樹里も同じアイスを持ってきた。
卒業生のお土産だった。
さくやも迷惑かけたと同じアイスを持ってきた。
……ので、アイスパーティをすることになった。
マギレコお願い結菜さんアイスパーティ
最後に遅れてきたうららも同じアイスを買ってた。
結菜はみんなのおかげで問題解決できたとお礼を言ってた。

メモリア「愛しの悪友たち」

第2部はまだ第2章までしか進んでないけど、
悪役側の日常回って意外な一面で面白かった。
結菜はもともと善人っぽい。
本編のは結菜オルタって感じ……。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)