声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

マギレコ梶の葉伝説物語

やちよと鶴乃が地元の水名町おこし七夕ドラマに出演する物語。
2021年6月28日から7月12日までの期間限定。
マギレコ梶の葉伝説物語
通常クエストかデイリーミッションで七夕飾りを集めてクエストを進める。

メモリア「感謝を込めて星々を」(+15)
「七夕に遣る思いをなぞって」(+5)
をセットすると七夕飾りが増える。

クエストでドロップする露の貝殻は限定アイテムと交換。

やちよと七夕やちよはLV100、最大覚醒、潜在アビ&スキルも習得済み扱いになる。

BATTLE1は、やちよと鶴乃がドラマ撮影の話をしてた。
出演は神浜の住人限定らしい。
……ので、さゆさゆも出演する。
でも鶴乃は不安だった。
前にかりんに協力したとき、やちよは棒読み演技だったから。
これって限定イベントのマジカルハロウィンシアター?
鶴乃は見学したいらしい。

BATTLE2は、ボランティアと顔合わせしてた。
それは阿見莉愛と梢麻友。
やちよは初めて阿見を正しい名前で呼んだ。
BiBiって雑誌で覚えたらしい。
阿見は素直に喜んでた。
やちよは三穂野が撮った映画を思い出して
魔法少女が集まってると何かが起きると不安視してた。
その頃、監督たちが代役探しに焦ってた。
鶴乃を見つけて千鶴役にぴったりと出演を頼んでた。
さゆさゆはカササギというマスコット的なキャラらしい。

BATTLE3は、やちよの棒読み演技がバレた。
読み合わせ初日、鶴乃とさゆさゆは普通に演技してた。
やちよだけは棒読み。
それを見てた阿見はショックを受けて固まってた。
始めはやちよの存在感を褒めてた監督も動揺してた。
元々、ヘタでもいいからと出演を説得されたらしい。
てことは、想像以上の棒読みだったんですね。
やちよは苦手なことに挑戦するとマネージャの説得で引き受けたらしい。
これでも家で練習したと。

BATTLE4は、阿見莉愛が悔しがってた。
一応、やちよの台詞もひらがなばっかなのが、
一部に漢字が入るようになってた。
つまり演技が少し良くなった感。
監督はやちよの台詞を減らそうとしてた。
でも阿見莉愛視点では全然ダメ。
このままでは終わらせないと何かを決意してた。
ここの阿見莉愛、目元が泣いてたかのように赤い。

BATTLE5は、帰りがけに阿見莉愛が特訓を要求してた。
阿見莉愛曰わく、ライバルにはライバルらしい姿でいてもらわないと(困る)らしい。
やちよも乗り気で、最低ラインなど作らずに
とことんやって失態を取り戻すと決めてた。
ちょうどやちよもそう思ってたんでしょうね。

BATTLE6は、みかづき荘で演技の練習してた。
気になったいろは達に物語りを説明してた。
飢饉が起きても重税を取る領主を露と千鶴が倒したらしい。
露と千鶴の家は仲が悪かった。
でも2人はだんだん信じ合うようになった。
露は慎重派だけど、千鶴は2人で戦えば領主を倒せると考えてた。
2人はすれ違い続けるけど、カササギが橋渡しになる。
そして2人は手を取って領主を倒した。
これが副題の梶の葉伝説で、7月7日に起きた事件らしい。
ただ、その前に2人が対決する場面もある。
と聞いて、フェリシアは楽しみと燃えてた。

BATTLE7は、やちよが特訓してた。
阿見莉愛の特訓でやちよの演技は良くなってた。
それでも阿見莉愛曰わく、演技が跳ねてるらしい。
前日、フェリシアに見ててつれーと言われたのを思い出してた。
自分の素質の無さが情けないと。
私のライバルがその程度じゃ私の価値が下がると阿見莉愛はツンデレムーブ。
本当はやちよが好きで、力になりたいわけですよね……。
更にやちよの演技は良くなってた。
阿見莉愛はそれでこそ憧れのやちよと言いかけて口ごもってた。
……ので、鶴乃は阿見莉愛も自分と同じと勘付いてた。

BATTLE8は、笹団子食ってた。
練習の休憩で、屋台で出す笹団子を試食してた。
やちよは千鶴と戦った後に手を取り合う心情がわからないらしい。
阿見莉愛はそうだろうと見ててわかってた。
でもどういう演技がいいか、教えるのは意味がない気がすると黙ってた。
鶴乃は食べないやちよに無理矢理団子を食わせてた。
それで演技の話はうやむやとなった。

BATTLE9は、阿見莉愛がやちよの演技に不満げ。
やちよの演技は監督視点でも良くなってた。
やちよは演技指導を受けてた。
慣れない仕事だとししょーでも質問するんだと、鶴乃は珍しがってた。
でも阿見莉愛は不満げだった。
また撮影は物語に沿ってないので、
役の心情をちゃんと把握して演技するのを忘れてた。
やちよがミスるのも鶴乃は珍しがってた。
でも阿見莉愛は頭を抱えてた。

BATTLE10は、阿見莉愛が撮影現場から逃げ出してた。
やちよは手を取り合うシーンの助言を阿見莉愛に聞いてた。
阿見莉愛は、やちよに憧れてた頃を思い出して
あんなのやちよちゃんじゃないと泣きべそかきつつ怒ってた。
梢麻友曰わく、阿見莉愛の完璧なやちよ像が崩れたのが原因らしい。
やちよは「どうして」と困惑してた。
てか、阿見莉愛ここまでやちよLOVEだったのかw
普段の高飛車キャラって、もしかしてやちよみたいになりたいから?

BATTLE11以降は7月5日に開放。

BATTLE11は、やちよが千鶴に阿見莉愛に嫌われた理由を聞いてた。
千鶴は「それ聞いちゃう?」って反応だった。
自分で考えた方がいいよと。
それといつものししょーらしく、笑顔で。
と言いつつ、いつものししょーは笑顔じゃないと言われて、
やちよはいつも仏頂面みたいに言わないでと怒ってた。
自覚あるんだw
やちよは周りに頼りすぎていたと反省してた。

BATTLE12は、大学の図書館で露の伝承を調べてた。
しかし演技の手がかりは見つからなかった。
自主練を繰り返してたけど、露の心情がわからないままだった。
基礎が身についたからこそ、自分の演技がダメだとわかる。
と考えていると、梢麻友が差し入れに来てた。

BATTLE13は、はちみつレモンを飲んでた。
梢はスマホの着信に全く出ようとしなかった。
はちみつレモンは私じゃないと言いかけて、手作りと言い直してた。
誰の手作りかは言ってない。
やちよは阿見の返事がないので、それだけ怒らせたと凹んでた。
阿見の返事がないのは期待してるからと梢はフォローしてた。
やちよが露を調べに中央図書館に行くと聞いて、
代わりに水名美術館に行くよう梢は誘ってた。
美術館でバイトしてるらしい。
館長はドラマにエキストラ出演するくらい入れ込んでる。
事情を話せば露の資料を見せてくれる。

BATTLE14は、露の残した言葉を資料で見つけてた。
恥じぬ人間でありたい。
それが彼女の想いに答えること。
……と露は思ってたらしい。
千鶴と戦って心が動いた。
露の心が動いたから、千鶴の心が動いた。
……とやちよは理解した。
また露が持ってた貝殻に魔力を感じ取ってた。
もしかしたら露は魔法少女だった。

BATTLE15は、水名城で鶴乃とさゆさゆの撮影を見てた。
それは露が知った千鶴を知らないといけないから。
つまり鶴乃が千鶴をどう演じてるかを知っておくべきと。
もっと早くにそれをすりあわせておくべきだった。
「いまの露じゃダメなんだ」という鶴乃の演技は監督にも好評だったらしい。

BATTLE16は、鶴乃が自分の演技の考えを語ってた。
千鶴は露と対等でありたいけど、憧れもある。
鶴乃が監督から出演を頼まれた時、
千鶴は露に憧れていると脚本家から聞いてた。
だから、やちよをししょー呼びして元気な鶴乃がぴったりと。
露は千鶴に恥じない人間になりたいと思ったのだと、やちよは気付いた。
鶴乃は鈍いところが露に似てると、やちよを評してた。

BATTLE17は、阿見莉愛が協力してくれた理由に気付いた。
単にライバルだからじゃない。
ファン心理みたいなと、鶴乃はうっかり正解を言ってしまったw
顔色を窺っている情けない姿を見たくなかったと。
ライバルと思っているのなら、なおさら。
恥じぬ人間でありたい。
私もそうよと、やちよは何かを決意してた。

BATTLE18は、やちよが露の衣装の魔法少女になってた。
これがガチャにつながってるのね……。
魔法少女の希望を受け継ぐ力がやちよの魔法らしい。
……そうだっけ?
生き残りたいって願いを叶えたんだよね?
そのせいでグループメンバーを半数失ったと悔いてたんだよね?
まあ調整でも衣装は変えられるし。
自力でも変えようと思えば変えられるんでしょうね。
やちよは露が魔法少女だったと思ってた。
そして阿見莉愛に撮影シーンを見に来るようメッセージを送った。
返信はなかった。
でも梢のスマホに阿見莉愛の返信が来てた。
メイク担当なんだから、撮影に行くに決まってるとツンデレムーブしてた。
やちよって露の子孫じゃ?
だから変身したんじゃ?
鶴乃も千鶴の子孫?
鶴乃の由比家って由緒正しい家柄でしょ?
千鶴の子孫説、十分あるでしょ?

BATTLE19は、莉愛がやちよの演技に満足してた。
千鶴と露の戦いは露が防戦し続けてた。
そして千鶴の刀を払い飛ばした。
露は千鶴に自分の手を取るよう促した。
これで2人が和解した。
胡桃まなかも撮影を見に来てた。
店で阿見莉愛が散々愚痴ってたのが気になったらしい。
さゆさゆは、阿見莉愛がやちよの大ファンだったと察した。
鶴乃や梢は動揺してた。
ファンではなくライバルと、阿見莉愛は訂正した。
やちよが露の心情を理解した演技をしてるから、
阿見莉愛が千鶴が露に憧れてたようにやちよに憧れていたのは、もうバレてる。
だからやちよのファンとさゆさゆに言われても、もう平気なんでしょうね。

BATTLE20は、ドラマの後日談。
みかづき荘のみんなが梶の葉のドラマの録画を見てた。
何回も見てるらしい。
やちよはCMの仕事が多くなってた。
水名のドラマがきっかけらしい。
この前も犯人役で出演。
ハマり役だったとフェリシアに言われ、
どういう意味と怒ってた。
仏頂面のベテランさんって意味でしょ……。

阿見莉愛はやちよのドラマを何回も見てた。
自分もいつかはドラマに出るかもしれない。
その研究と言い訳してた。
やちよに演技指導できるくらいだから、実力はありますね。

メモリア「私らしく、誇りを持って」が付与される。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)