マギレコ メインストーリー第2部あらすじと感想

アナザーストーリーも終わったんで、第2部もやることにした。
次のイベントを遊べる条件が、第2部第1章クリアなんだよね……。

序章 はじまりの記し

1話 ふたつの歩み

佐鳥かごめという少女が使い魔に「誓約書」をサインするのを強要されてた。
かごめは転校してきたばかりらしい。
脅されてサインしたとこに、いろはが来て使い魔を倒してた。

ザコバトル後に結界から出たいろはは、魔法少女のことを教えたらしい。

その後、かごめは誰か男性と魔法少女について話してた。
かごめは、いろは達が人知れず魔女と戦っているのを誰も知らないのを悲しんでた。
男性はそれを記すことで魔法少女の助けになると信じてるらしい。
かごめは魔法少女を助けてという願いを叶えようと考えてた。
男性は命を差し出すことをよく考えた方がいいと忠告してた。

更に日が経って、かごめはキュウベエに願いを叶えるのを止めたらしい。
キュウベエは魔女になれば宇宙の存続になると飄々と説明してた。
第2部のキュウベエは魔女システムをキチンと話すようになった?
いろはが教えて、かごめに聞かれたんで答えた?

一方その頃、いろは達がウワサと戦ってた。
普通の魔女と違う魔力で、ういがみんなを呼んだらしい。
ねむは万年桜以外、ウワサは全て消してたはずだった。
取りあえずフェリシアが特攻して、鶴乃とういがサポートしてた。

絶交南京錠のウワサ(水)

バトル後、ウワサを倒しても結界は解除されなかった。
ういはウワサと初めて戦ったらしい。
ウワサの大元を倒すと結界から出られるはずだった。
そこに魔女が現れてた。
この魔女は第2部トップ絵と同じ。
マギレコ メインストーリー第2部序章の魔女
いろは達は魔女に苦戦してた。
鶴乃の炎扇乱舞が効いてなかった。
(水属性だから?)
いろはは、やちよ、うい、フェリシアの4人で同時攻撃を試みた。
……という体で魔女戦に。

悦ぶサファイアの唇(水)

HP5万でサポートキャラのアリナのBlastで瞬殺w

バトル後、いろは達も魔女を倒したことになってた。
グリーフシードは落とさなかった。
代わりにいろはの腕に不気味な腕輪が付いてた
腕輪は硬くて外せなかった。
やちよは連絡網に情報を流して様子見しようと相談してた。

一方、かごめは魔法少女が願いと引き替えに魔女と戦うことをノートに書いてた。
アルちゃんという人形にちゃんと書けてるか聞いてた。
アルちゃんは「いいと思う」と答えた。
腹話術?
魔法少女にありがちな人語を話す魔法の人形?

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)