声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

メガストア6月号虚淵玄

エロゲ雑誌「メガストア」6月号に虚淵玄のインタビューがあるので、アマで買ってみた。

madoka-magica-megastore-june-urobuchi.jpg

インタビューは6p。
基本的に虚淵玄の生い立ち中心。

父親が左翼で、ヤマトとかガンダムを否定してたとか。

脱オタしようとしてたけど、ダメだった。
映画の自主制作サークルは馴染んだ。

叔父の出張校正会社に入社。
取引先がエロゲつくっていたので「Phantom」の企画をだした。

沙耶の唄の沙耶がヒロインとして受け入れられたのは驚いた。

まどか☆マギカは名前を伏せておくはずだった。
情報が漏れたので、ツイッターで「怖くないんだよ」と猫かぶった。

「人の死ぬ魔法少女」というコンセプトだった。
毎回キャラが減っていくバトル・ロワイアルだった。
毎回は残酷すぎるので、2~3話でじわじわ殺すことに変えた。

新房監督が「Fate/Zero」を読んでの人選だったので、「ジョジョの奇妙な冒険」のような能力バトルの予定だった。

まどか☆マギカのおかげでアニメの仕事が増えた。



能力バトルだったら、ここまでの人気は無かったんじゃないかな‥。
じわじわ殺すことを考えたら、結果的にキャラの心情描写が増えたって感じかな。
毎回キャラが死んでたら、心情描写なんて余裕は無いはず。

コメントは受け付けていません。