KADOKAWA【最大50%OFF】Kindle秋の読書フェア10月17日まで

新約おりこマギカ第3巻感想

おりこマギカ第3巻も読了。
おりこマギカ第3巻
[新約]魔法少女おりこ☆マギカ sadness prayer (3)

感想は前に書かなかった要素を主に。

織莉子の名前を聞いて杏子が反応したのはたぶん、
ゆまから魔法少女になったきっかけを聞いてたから。
織莉子がゆまを魔法少女にするようQBに唆したのは、
予知夢で杏子とゆまが死ぬと知ったから。
ここで見殺しにすれば「敵」戦力を潰せるのに、
と思ったけど、この時点では見滝原中学が魔女に襲撃される予知夢は見てない。
よって杏子が敵って事もわかってない。

織莉子達がマミの存在を知ってたのは予知夢だろうけど、そういう描写はないんだよね。
強いて言えば見滝原中学校が魔女に襲撃される予知夢で見たのだろうけど。
この予知夢を見た織莉子は何かを恐れてた。
たぶん自分達が死ぬシーンを見て、そこにマミ達がいた。

キリカが織莉子父の手帳を見て「お前は敵だ」と怒ってたのは、
きららの感想では父が母を殺したのかもと書いたけど、八重樫の事かも。
意味の無いシーンは描かないはずなので、
八重樫が織莉子の叔父と話してたシーンも意味があるはず。
八重樫のニュースを見てた織莉子が、
八重樫に知らないと面会を拒否された回想も同様。
八重樫は織莉子の美国一族に何か敵意を持ってる感じだし。
叔父はただの中学生ですと釘を刺すような言い方をしてるのだけど、
八重樫が織莉子に何か害意があるのを察してる様子。
きららVol29で織莉子が父の手帳を見てショックを受けてたのは、
母が死んだ自動車事故が八重樫の指示による殺人だったと書いてたのかも。
父はそれを八重樫に告発しようとして、自殺に見せかけて殺されたとか?
このくらいの内容じゃないとキリカが「敵だ」とまで怒らない気がする。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)