魔法少女まどか☆マギカ~The different story~(上)感想

まどか☆マギカのDifferent Story(上)が届いたんで、その感想。

魔法少女まどか☆マギカ~The different story~(上)


内容は、マミと杏子の出会いと別れの話だった。

BDの特典ドラマCD「フェアウェル・ストーリー」の漫画化って感じ。
杏子がマミに止めを刺さずに寸止めで立ち去るってとこまでは同じなはず。
(と思ったら、カバー下漫画に「フェアウェル・ストーリーのシナリオをお借りして、スピンオフを~」と書いてあった)

あと、杏子の家族とマミが食事するのとか、魔女に教会を狙われて退治するとかが追加されてた。

最後の第4話は時間が飛んで、さやかVS杏子の戦いにマミが割り込むとこで終わり。
この時点でマミが生存してるから、シャルロッテ戦で死ななかったということ。
死ななかったのはたぶん、まどかがシャルロッテ空間で魔法少女になると決意せず、マミが浮かれて油断しなかったから。
アニメ本編とは異なる展開で「Different Story」ってことみたい。

冒頭の姉妹の魔法少女がマミを残して逃げるとか、いきなりそんな展開?ってちょっと笑った。
もう登場しないのかな。なんかあとで絡んで来そう。
単に自分の利害を優先する「普通の魔法少女」を見せたかっただけなら、わざわざ姉妹って設定にはしない気がする。

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (上) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

コメントは受け付けていません。