魔法少女まどか☆マギカThe different story(中)感想

中巻が届いた。d(⌒ー⌒)

魔法少女まどか☆マギカThe different story(中)

上巻のラストから、いきなり話が飛んでた。

杏子とさやかのバトルにマミが割って入った後日の話で、魔女結界に飲まれた仁美をマミが助けて、さやかはわざとサボってる。
仁美が告白を煽るタイミングが、本編より先になってるみたい。描写はないけど。

他にも、さやかのミスでマミが死にかけて杏子とほむらが助けたり、シャルロッテからマミを助けたのがさやかだったとか、まどかがさやかのことをマミに相談してたり、まどかが恭介にさやかの奇跡のことを話そうとしたり。

マミが油断してシャルロッテに死にかけたのをさやかが助けたってことは、まどかが魔法少女になると決意したことをマミに話したので、マミが油断したのかも。
でも、さやかの願いの重さを知って、魔法少女になるのは慎重になったと。

退院後の恭介がさやかの見舞いのお礼として何かのプレゼントを渡すけど、そのときのさやかの表情がショックを受けている感じになってる。
お礼を受け取ると、恭介のための願いの見返りがそれになってしまう、みたいな。
その場でまどかがとっさに、恭介の腕を治したのはさやかだと訴えて、さやかが真実を打ち明けると約束するけど、このあとで死んでしまう。

最後はエルザマリア戦の途中しか描写がないけど、さやかが魔女化して、一緒に戦っていたマミがそれを目撃したらしい会話でおしまい。
恭介に魔法少女のことを話す約束をしただけで、話さないまま死んじゃってる。

さやかが死ぬ前にマミが、自分が寂しいから魔法少女を増やしたかったと正直に告白してるのが意外だった。

サブタイトルどおり、異なる展開。
でもあと四話で完結する気がしない。
また話が飛ぶのかな。
「正史」はアニメ本編なので、ほむらがタイムループして終わりなんだろうけどね。

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (中) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

コメントは受け付けていません。