まおゆう魔王勇者原作第1巻

元は2chのスレッドが発端で、今でも無料で読めるけど、書籍も出版されている。
書籍版は加筆があるし、ドラマCDがついているのもあるし、セット品が安かったので買ってみた。
舞台はドラクエのようなRPG的世界で、人間と魔族との間で戦争が続いている。
この戦争はいつまでも終わらないようになっている。
それはなぜかと魔王は考え、戦争がこの世界の経済と関わっているからと見抜く。
近現代の経済学的知識を持っている魔王は、
農業改革や海運・陸運の改革、経済の仕組みなどを変えるために勇者と手を組む。
サブタイトルの「この我のものとなれ、勇者よ」は、このときのシーンに由来している。
2人は世界を平和へと導く為に、あの手この手で人間と魔族とを篭絡していく。
魔王は処女であり、勇者は童貞で、2人のボーイミーツガール的な要素もあって、
世界革命的な要素と恋愛要素とが交錯して、話が進む。
魔王と勇者だから世界の命運を左右するのは当たり前で、セカイ系でもある。
魔王が策略で世界を変えるのは、諸葛亮孔明のような軍師が奇策を用いて戦乱の世を平定していくような物語にも読める。(孔明は途中で討たれるけれど)
また、近現代の知識で中世ヨーロッパのような世界を改革できるか?という「歴史のif」もののようにも読める。
商人を抱き込むことで商取引の話も出てくるので、狼と香辛料の商取引の場面のような面白さもある。
豪華な声優のドラマCDの熱演も聞き所。
ただし、ドラマCD単品発売はなく、書籍版やマンガ版の付録になっているだけだから、書籍やマンガを買うしか無い。

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)