まおゆう魔王勇者第12話の感想

全然完結してないんですけど、今回が最終話らしいです。
原作1巻分=9~10話という配分で進むのかなと思ってたんですけど。
終わったのは2巻の途中だし、最後は「Fin」だし。
元白夜の司令官がメイド姉妹を殺そうとするシーンで軍人子弟が登場しますが、顔が冬寂王とそっくりw
違いはまゆげの太さくらい?
これで声優も同じなら、兄弟かなと思うところですけど。
軍人子弟が司令官を道連れに転落したとき、剣を壁に刺して転落死を避けるというカットは、原作に出てたかなと読み返しましたが、そういう描写はないです。
単に相手に隙を突いてバシュっと。
魔王の復活をお披露目するシーンで、黒騎士が「派手に」と言われてやりすぎて、山を消滅させるのは笑いましたw
最後は魔王のもたらした知識で人間界が変わって、めでたしめでたしみたいなまとめ方で、ラストが打ち切りっぽいまとめ方でした。
どうも、続きは無しっぽいですねえ。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)