『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

まおゆう魔王勇者 近現代の経済学的知識でRPGの世界を平和へと導く

元は2chのスレッドが発端ですが、ラノベとも言えるので取り上げます。
今でも無料で読めますが、書籍も出版されています。
漫画版や外伝も出ていますが、ここでは戯曲(会話劇)の方についての解説しています。
まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
舞台はドラクエのようなRPG的世界で、人間と魔族との間で戦争が続いています。
近現代の経済学的知識を持っている「魔王」が、農業改革や海運・陸運の改革、経済の仕組みなどを変えるために勇者と手を組みます。
2人は世界を平和へと導く為に、あの手この手で人間と魔族とを篭絡していきます。
また、魔王は女であり、勇者は男で、2人のボーイミーツガール的な要素もあり、
革命的な要素と恋愛要素とが交錯して、話が進みます。
諸葛亮孔明のような軍師が、奇策を用いて戦乱の世を平定していくような物語にも読めますし、
近現代の知識で中世ヨーロッパのような世界を改革できるか?という「歴史のif」もののようにも読めます。
商人を抱き込むことで商取引の話も出てくるので、狼と香辛料の商取引の場面を面白いと感じた人ならそういう側面を楽しめると思います。

豪華な声優のドラマCDの熱演も聞き所です。
ただし、ドラマCD単品発売はありません。
書籍版や漫画版の付録になっています。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)