『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

アニメまおゆう魔王勇者第4話の感想

勇者が「黒騎士」となって魔界の反発勢力を粛清する為に魔界へ、というのが前回の話からのつながりなんですが、勇者が魔族を粛清するエピソードは手紙の内容として語られてるだけで、カットになっていました。
それと、勇者が会いにこないと嘆く魔王ですが、実は定期的に魔王の屋敷に戻っています。
そのシーンで、なぜか箱のなかに隠れているということになってました。
ギャグシーンが欲しかったんでしょうけど、この改変はどうかと。
ちょっと勇者がヘンタイっぽいので。
勇者は「魔王が自分を頼ろうとしない」と不満げですが、力技が重要な計画ではないのだから、勇者の役割はあまり無いのですよね。
もともと、強いだけの勇者と魔王が組む必要性は無いのですが、これで非力な魔王じゃなかったら、尚のこと勇者は不必要になります。
恋愛要素を入れる為というのと、勇者と組む必要性を作る為に女の魔王にしたのでしょうね。
でも粛清シーンはカットとなっているので、本当に勇者って要るのかなという印象がします。
最後の女戦士とメイド姉との会話で、女戦士が「メイド長に似てきた」と言う台詞は追加要素ですね。読み返したら原作にちゃんとありました。
確かにメイド姉がロールモデルにしそう。
全体としては、魔王と勇者の恋愛要素に比重が置かれていた印象です。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)