アニメまおゆう魔王勇者第9話の感想

原作1巻ラストにあるハイライト。
全編を通して考えても、最も感動的だと思います。
メイド姉が農奴の身分を告白するシーンは原作の長台詞をそのままでした。
20分くらいでしたが明らかに重要なシーンなので当然だし、
このメイド姉の演技がかなり迫真的で、すごいです。
集まっている民衆の数がちょっと多すぎな印象でしたが、メイド姉が圧迫感を感じている心情描写とも言えます。
その前に、メイド姉が「何もできない」と嘆いて泣くシーンにかぶせて、メイド長がどこかで黙って立っていたシーンは何だったのかわからないですね……。
最後の魔族は、蒼魔の王子?
ここで出すのは尺埋めかなと思いましたが、王子登場シーンはクリルタイの後半、原作3巻からなので、ここで出しても忘れそうw
原作全5巻で、1巻を9話で進めたのだから、全45話くらい?
1年かけて放送するんですかね。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)