『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美 アニメーションの脚本術 プロから学ぶ、シナリオ制作の手法

AniMiku 2012 の感想

YouTubeでAniMiku 2012の動画を視聴しました。
キャラの動きは機械的で硬いです。
全体的にはあまり盛り上がってません。
短くて30分ちょっとで終わります。

Opening Song: Project Diva Desu DX Remix (t.komine/UtataP)
1. Overseas Travels (Vocalekt Visions)
2. Tatsumaki (Vocalekt Visons)
3. Lemon Ice Bar (Vocalekt Visions)
4. PoPiPo (LamazeP)
5. Headline Love (Koda-P)
6. Wavefile (LamazeP)
7 *encore*. Summer Festival (Vocalekt Visons)
Closing (credits) song: NEUTRINO (Vocalekt Visions)

冒頭はProject DIVA desuのアレンジ。
最初に出るのはGUMIのOverseas travelsという英語圏の「TempoP」「neutrino」(Vocalekt Vision)という人が作った曲らしいです。歌詞は日本語ですが。
TatsumakiもVocalekt Visionのオリジナル曲で、日本語の歌詞とトランス風の曲想。
Lemon Ice BarもTempoPとneutrinoの曲。アイドルソングっぽいです。
途中でぽっぴっぽーが出て、少し声援が出てます。
Headline loveは英語の歌詞。巡音ルカが踊ってKAITOが声だけデュエットしているように見えます。検索しても歌詞が見つからなかったです。
WavefileはラマーズPの曲で、歌詞の意味は電子メールの返信をもらえずに失恋したって感じです。
Summer FestivalもVocalekt Visionが作ったようですが、検索してもページが見つからないです。歌詞は日本語。

コメントは受け付けていません。