Kindle Unlimited 90日199円キャンペーン
※終了日時は2020年1月6日23時59分

初音ミク マジカルミライ2014 BDの感想

やっと発売され、週末に視聴しました。
待たされました(苦笑)
こんな待つなら、PS4の配信を見ても良かったかも。
まず特典映像ディスクから見たんですが、これは全編で1時間程度。
MVはライブ音源とオリジナル映像とを合わせたっぽいですが、
ODDS END以外は曲(詩)の内容に即していないような印象。
この映像はライブ会場のスクリーンにも出てたみたいですね。
ODDS ENDの特典映像はTell your worldと同じコンセプトに感じました。
中央の緑のクリスタルが初音ミクの象徴。
周辺に散っている小さいクリスタルが、
ネット上に大量に存在する個々の楽曲って印象。
メイキング映像は30分ほどで、クリプトン・フューチャー・メディアのスタッフとボカロPのインタビューに合わせ、初音ミクのライブ映像を織り込んでました。
東京公演は4Kで映像を撮ったらしいんですが、このBDは大阪公演の模様なわけで、4Kの映像はどこに利用されるんですかね……。
と言っても、どのみち4Kを再生できる機材は無いんですが。
で、本編を試聴しました。
全体的にミクパっぽい雰囲気だったかと。
冒頭で普通に人間が登場してパフォーマンスをやってましたが、
私は初音ミクにこういうのは期待してないんですよね……。
今回は普通に初音ミクが登場してました。
焦らすような演出はナシで。
前も書いたと思いますが、声優がそのまま初音ミクの声を当てるのはちょっと違和感ありますね……。
今回は人口音声っぽい変調を加えてたようですが
別に「ありがほー」でもいいんですけどねえ。
一部の曲で何となく初音ミクの動きが硬い気がしました。
あと初音ミクの太ももが細いかと。
前のライブはもっと太ましかったような。
ほとんどが聞いたことがある曲でした。
初音ミク以外のボカロは定番曲。
さすがに前回のライブから1年なので、内容の大幅な刷新は無いですね。
ODDS ENDも出てましたが、この曲は歌詞の内容がライブ向きじゃないですねえ……。
やるにしてもアンコールでやったほうが良かったような。
歌詞に「これで完全に終わり感」があるんで。
アンコールでバンドメンバー紹介をやってたのも謎な演出でしたねえ。
セガのロゴが無かったので、今回はセガがやってないんみたいですね。
ブックレットのクレジットには載ってるんですが、これは権利関係だけではと。
2013年のマジカルミライはセガがやっていたはずですよね、
そのPV動画もニコニコ動画にあげてましたし。
あとフィギュアも付いてましたが、顔がかなり大人っぽい感じでした。
hatsunemiku-magical-mirai-2014-mini-figure.jpg
袋から出すのはもったいないのでこのまま保存ですw

コメントは受け付けていません。