ノノノノ第10巻の感想

ノノノノ第10巻はインターハイが始まり、競技の序盤が描かれていた。

ノノノノ 10 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


ライバル校の守門高校がやった不正にプロの槙野が気づいて、
コーチに詰め寄るけどコーチは知らん顔だった。
これはインターハイでの不正の伏線。

あと、岩手の遠野実業の選手が登場してた。
インターハイで勝つとマネージャーと交際できると、その父と約束してるらしい。

興梠が天津の送別会後に2人きりのノノと天津の話を立ち聞きしてるけど、
ノノが悠太だと思い込んだままだった。
あとノノと一緒にお風呂に入って、ノノを背中から抱きしめてたけど、
さすがに抱いたら女の体だと気づく気がする……。
あと体臭とかもはっきりとわかるだろうし。
まあ興梠は鈍感と言われたらそれまでだけど。
前にノノの正体に気づいてたようなシーンがあったけど、違った。
あの「嘘つき」という台詞はつまり、
優勝するって言葉に対してのものということ。

インターハイ会場で男の娘のライバル選手が出てた。
そしてこのキャラにノノは正体を一発で見破られている。
となると、やっぱり興梠は鈍いってことにw

全巻ラストで名前が出た「テラシ」が登場してるけど、
開会式の会場のスピーチで全員を潰すとか語る大口キャラだった。
でも皇帝も無言になるキャラなので、実力も相応じゃないかと。

岸谷は真っ赤なジャンプスーツで出場してたけど、
これは傷口が開いてた出血してるのを隠す狙いがある。
でも血臭でバレる気がするんだけどw

岸谷は不利な条件と開いた傷口の痛みでろくに飛べなかった。
あと、向かい風が吹くことに賭けて前傾姿勢で飛ぶのも変わってない。

競技は審査員が買収されていて、雪が降ってるのにゴーサイン出したり、
不利な条件で飛ばせて守門の選手を勝たせようとしていた。
そしてノノがジャンプする出番で次巻へ。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)