『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー 声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

オカルティックナイン第4話「犯人は我聞悠太だ」感想

オカルティックナイン第4話「犯人は我聞悠太だ」は、
256人の死体が池から見つかり、
集団催眠説が世間に広まるというエピソード。
副題に反して別に我聞は疑われてない。

冒頭は3月1日(火)。

雑誌ムムーの編集長は報道を見て「現場を荒らすな」と怒ってた。
何か心当たりがありそうな様子だった。

雑誌編集の女・澄風が入室して挨拶しても誰も無反応だった。
澄風は催眠じゃないかと編集長に訴えるけど、
なぜか編集長は澄風をガン無視。
編集長は「とりあえず、澄風、探してこい」と命じていた。
これは澄風に命じていたように見えるけど、
「澄風(を)探してこい」という意味にも取れる。
澄風の背後の男に言ったように見える。
澄風が鏡を見て髪型を整えてるシーンで、その鏡に澄風が映ってなかった。
後半の日下部を踏まえると、
澄風は幽霊か幽体離脱して自覚がないと判断して間違いないかと。

目撃者のおばさんは「散歩でもするように池に入っていった」と言ってた。
死体の数は256人と警察発表があった。
これは第2話で探偵・赤塚が言ってた数。
赤塚はこの事件を止めたかった?
でも警察は事件性が無いとみていた。
一度に大量に死んでるのに、これは無いw
無能にも程がある。

我聞は催眠説を否定し、集団自殺だと主張。
それは自殺志願者オフ会@吉祥寺だと。
しかし内心では橋上殺害の真犯人が偽装の為に、
大学関係者ばかりを狙って殺した可能性を恐れてた。
それを誤魔化す為か、突然スカイセンサーがしゃべると言い出して、
りょーたす、みゅう、マスター一同は引いていたw
もちろんラジオからは何も聞こえなかった。
りょーたすはずっと店内をうろついてたけど、
誰も関心を払ってなかったように見えた。
りょーたすも幽霊のような幽体離脱のような立場だったのかも。
我聞だけはりょーたすと話していたけど、
みゅう、マスターはそこにりょーたすなどいないかのような態度だった。

後半は日下部吉柳という幽霊というか幽体離脱的なキャラが登場。
日下部の回想では、アリアが踏み切りに飛び込んで自殺しようとしていた。
この時点のアリアは兄が死んだことを認識して、
兄の元に行こうとしていたので、腐乱死体発見後の話かと。
日下部はアリアの心に語りかけて自殺を止めていた。
アリアは声だけが聞こえ姿が見えない日下部を悪魔と認識。
そして黒魔術代行の手伝いをするようになり、
「あの日から2年ちょっと」経ったと。
第1話で依頼を受けて日下部が橋上を殺したんでしょうね。
ただ、第2話でアリアはそれを怒ってたので、
それまでは殺しまではやってなかった様子。
なぜ橋上だけは殺したのかは謎。

我聞は父が幽霊DJになって話しかけると言ってたのを思い出していた。
ということは我聞の父は既に死んでる。
スカイセンサーの声は我聞が1人で自室に戻ると再び聞こえるようになってた。
幽霊がラジオを通して話してるのかもねえ。

我聞はネットで橋上の事件を調べ、
「昏い水の底」というBL同人マンガの作者・西園の事を知る。
これは「銭形」を名乗るコメントの情報。
恐らく赤塚が書き込んだ。
前に赤塚はふざけて「どーも銭形です」と名乗っていた。
あの時、赤塚はネットで話題と言ってたはず。
でもそれは自分の書き込みで誘導してたわけだ。

ここから3月3日(木)。

みゅうは澄風とちーちゃんの事を話していた。
みゅうは井の頭の自殺者にちーちゃんがいたと疑ってた。
話し中に脳裏に池に浮かんだ死体のビジョンが見えていた。
それがちーちゃんっぽい姿に見えた。
我聞のサイトの管理者と知り合いだと言うと、
雑誌編集の女は紹介してと食いついてた。
そこでみゅうの電話に着信があり、
みゅうが電話に出て「え?」と答えるシーンで途切れていた。

我聞は自サイトに普段は掲載しない自分の考えを載せていた。
いつものノリでアフィ稼ぎの為と言い訳していたけど、
橋上の死が既に皆の話題の中心から逸れて安堵していた様子。
遺体の損傷も無いのに身元確認ができてないらしい。
このシーンでもマスターはりょーたすがそこにいないかのような態度。
我聞はりょーたすが「踊るだけ踊って何も手伝ってくれない」と言ってたけど、
この台詞も伏線かもしれない。

我聞は相変わらず深夜徘徊して金歯の鍵の鍵穴を探していた。
そこにサライが現れて我聞を追い詰めてた。
我聞が逃げる際に街灯の光による影が無かった。
サライにも影は無かった。
だとすると我聞もサライも幽霊や幽体離脱してる事になる……。
サライは「なぜ都会の真ん中に神域があるのか」と意味深な事を言ってた。
なぜか「キリキリバサラ」なんだと聞いていた。
これは我聞のウェブサイトの名称で、
サライはその名称に何か意味があると思ってた様子。

EDの我聞にも影が無かった。
他の通行人にはちゃんと影があった。
確認したら第1話EDから既に影が無かった。
影が無いことや鏡に姿が映らない事が重要な伏線だろうけど、
本当に幽霊や幽体離脱なのかはまだわからない。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)