『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

パリピ孔明第9話「たみくさのために」着るものくらいで私達は変わらない

パリピ孔明第9話「たみくさのために」は、
英子がナナミを励まそうとして、結果的に自分に足りない物をつかむエピソード。

ナナミが唐澤と電話してた。
誰かと一緒に路上ライブで歌うのを止めろと唐澤が命じてた。
一方、キドは何の為に歌うか分かってないと英子にダメ出し。
凹んでる英子に、気晴らしにどっか行こうとナナミは誘った。
ちょうど孔明の袋にチケットが2枚あった。

KABEは地元のささっちょたちとサイファーやってた。
これが俺と実感してた。
それを孔明が隠れて見てた。

パリピ孔明第9話「たみくさのために」KABEを見守る孔明

英子たちは展望台にいた。
何の為に歌うか考えてる?と英子は聞いた。
ナナミは何も考えてないと答えた。
ナナミ絶対プロでしょと英子は察してた。
英子には話しておきたい。
アザリエのボーカルと打ち明けた。
うそ……と英子は驚いてた。
曰わくイメージ全然違う。
最初は違ったとナナミの回想になった。

アザリエ、元はJK軽音部だったらしい。
バンドの名前を相談してた。

パリピ孔明第9話アザリエJK時代

アザリエという名前はフタバが付けた。
花の名前で青春の喜びという花言葉があった。
文化祭ステージで好評だった。
けいおんっぽいですね。
ハルヒってツッコミもあった。
高校卒業しても音楽やろうと約束してた。
でもライブやっても人は集まらなかった。
その頃はまだ楽しかった。
あいつ=唐澤が現れるまでは……。

ナナミたちはロックをやりたかった。
唐澤は下らんと否定。
結成3年で50人のライブハウスを半分も埋められない。
止めてしまえ。
チャンスをやる。
俺の曲を歌えば2年以内にドームツアー。
このチャンスを逃せば一生売れない。
ナナミはふざけんなと拒否ってた。
何様と怒ってた。
唐澤プロデュースの作品、みんな売れてるとフタバは呟いた。

チケットは売れないまま。
田舎に帰りたくない。
バイトだけでギリギリの生活。
ナナミは唐澤に電話した。
私達を売ってくださいと頭を下げた。
唐澤も昔、勘違いしてた。
それでいいとナナミを認めた。
お前達は俺が必ず売る。

アザリエの衣装として際どい服を見せられた。

パリピ孔明第9話アザリエの衣装

こんなの無理と拒否ってた。
ナナミは売れるならと認めた。
着るものくらいで私達は変わらない。

すぐにファンは増えた。
演奏はエア=口パクで構わない。
代わりにパフォーマンスを優先しろ。
その結果、ファンは激増した。
音楽で喰っていけるようになった。
今月の振り込み見た?と盛り上がってた。
ナナミはあんま喜んでない。
なんかギクシャクしてた。
着るもので変わってしまったと内心では悔しかったらしい。

回想から戻って、アザリエはもう私だけのものじゃないと打ち明けた。
チームとして大金が動いてる。
売ろうとするスタッフ、来てくれるファンを裏切りたくない。
でも英子と歌って自覚した。
もう唐澤の曲を歌いたくないと。

英子は自分もサマソニ企画に参加してると打ち明けた。
歌うまいもんね……とナナミは察した。
私だけが勇気をもらってたと英子は悔いてた。
だからナナミのために歌う。
EDに被せてマリアディーゼルをフルで熱唱した。
歌い終わって展望台にいた客が拍手してた。
私はストリートで歌ってるナナミんが大好きと訴えた。
ナナミは泣きじゃくった。
唐澤から着信が入った。
私行かなきゃと急に泣き止んだ。
歌ありがとう。
次は敵同士かも。
頑張ろうお互い。
ナナミは別れを告げた。
英子はまた一緒に歌おうと叫んだ。
ナナミは振り返らずも手を振った。

孔明が着ぐるみから現われた。
曰わく感動のあまりに出てきた。

パリピ孔明第9話「たみくさのために」着ぐるみ孔明

英子が何かをつかんだと察した。
英子は「たみくさ」と答えた。
孔明はお見事と答えた。
新たな高みへと参りましょうと。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)