『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー 声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

新作ファントム第1話「覚醒」~第3話「実践」の感想

ファントムの新アニメ版の第1話「覚醒」第2話「訓練」第3話「実践」まで視聴した。
旧作と比較しつつ感想を書いた。
感想を3話まとめたのは第1話~第3話があまり面白くなかったから。

OPテーマは雰囲気に合ってるけど、
EDテーマは合ってない気がする……。
ALI PROJECTは別に嫌いではないのだけど、
暗殺者にさせられた人の話には違和感がある。

第1話冒頭はアインとツヴァイが標的の邸宅を襲撃するシーン。
門の警備がツヴァイをろくに調べもせず、
まるで顔パスのように疑わず通過させてたw
また護衛を射殺してもスムースに内部へ潜入していた。
門に警備を置く程の邸宅の門には監視カメラくらいあるはず。
と思ったら、これはアインが先行して邸内の人を殺していたから。
標的を含めて関係者は抹殺。

次はツヴァイが拉致された直後の回想シーンで、
アインがツヴァイの才能を見極める為に丸腰のツヴァイを襲撃。
ツヴァイはシャツを手に巻いてナイフを掴んでアインに反撃してた。
サバイバルナイフの切れ味から言って、
その程度では自分の手や指も切れる気が……。

旧作だと旅行中のツヴァイがスナイパーの潜伏場所を直感で見抜いたけど、
新作にはそういう描写はなかった。
代わりに何の訓練も受けてないのに、
訓練済みのアインの襲撃に反撃したのが天才の所以という説明だった。
新作の方が原作に忠実らしいけど、
これだとアインがしょぼく見える。
手加減はしてたんだろうけど。

第1話の最後はツヴァイのクラスメイトらしき女子高生と、
アインの家族らしき女の子が描かれていた。

第2話は訓練シーンだけど、あまり見ても面白くない……。

訓練を中断してアインがいない隙に、
組織の幹部の女クロウディアがツヴァイに接触していた。
望むなら組織のトップにもなれるかもと煽っていた。
どうもツヴァイを手なずけて組織の頂点に立ちたいのかなって印象。

第3話でクロウディアがツヴァイのパスポートを見ていた。
それには「REIJI」という名前が書いてあった。
旧作は最後までツヴァイの本名はわからなかった。
新作はなぜ身元がわかる物を処分してないのか謎。
同僚にレイジをハンサムと言ってたので、
異性として気になってるのかも。
或いはツヴァイを手駒にする本音を誤魔化してハンサムと言ってたのかも。

サイスマスターはアインの体に液体を塗ってた。
そしてツヴァイを「仕上げろ」と命じていた。
液体の意味はわからないまま。
旧作では洗脳効果の維持に注射が必要だったので、
この液体も洗脳に必要な薬剤なんですかね。

仕上げとは、ウォレス大尉という軍の武器を横流ししていた者を、
ツヴァイが追い詰めて殺すという試験の事。
ツヴァイは一旦は殺そうとするけど、
狙いが逸れて撃てずに反撃されていた。
しかし自分が殺されそうになり、結局は射殺。
ツヴァイはアインに「終わらせてくれ」と暗殺者になることを拒否。
アインはなぜかツヴァイから狙いを外して銃を撃ち、
「これであなたではなくなった」と意味深な事を告げていた。
するとツヴァイは覚悟したように目つきが変わっていた。
これもサイスマスターの洗脳の一環かなって印象。
「あなたではなくなった」という台詞が洗脳のトリガーじゃないかと。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)