一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

ノルニル

輪るピングドラムの主題歌が気に入ったので、CD買いました。d(⌒ー⌒)
三方背ケースで、下の金色の部分は帯。
ノルニル 三方背ケース
意外に凝ってるね。
レーベル面はラメ入り金色単色だけど。
ノルニル レーベル面
ノルニル(Nornir)って調べたら、北欧神話の女神の総称だって。
でも歌詞の内容は、北欧神話も女神も関係ない気がする。
レーベル面に文字っぽいのがあるんで調べたら、ルーン文字だった。
NORNIR BOYS COME BACK TO ME
と書いてある。
序奏がついてたり、間奏があったり、歌詞も長い。
全7分ほど。
詩の意味は列車事故?テロ?

探して回る駅のホーム
響くファンファーレ
ガラガラ音を立てる街
「なぜなに」わめく影法師
もう二度と会えないようなそんな気がして
「隙間にご注意」
革命前夜の非常ベル

隙間にご注意って、爆弾テロを思わせる。
ファンファーレ=爆発音?
ガラガラ音を立てる街ってのも、爆弾で破壊された感じ。
わめく影法師ってのは、その場の通行人。
革命前夜の非常ベルは、そのまま非常ベルのこと。
革命を掲げた組織によるテロってことだろうか?
やくしまるえつこって年齢不詳だけど、子どもみたいな舌っ足らずな発音は意図的なんだろうか?
あと、音程がずれるとこも意図的に外してる?
呼気を含んだ発音も合わせて考えると、そういう歌唱法かな。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)