一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

輪るピングドラム第13話考察

輪るピングドラム 13th Station 僕と君の罪と罰 考察と感想
・冒頭で第1話と同じ晶馬のモノローグになってるのは?
12話は冠葉のモノローグだったけど、12話で意味のあるセットになってると示唆してる?
全24話だっけ?
24話はまた冠葉がモノローグするのかな。
・サネトシのアンプルの正体は?
なぜ林檎のパッケージ?
3年前の高倉家玄関に林檎が置いてあったのは?
林檎は陽毬の為の薬だった?
陽毬は昔から林檎のパッケージの薬を使っている?
幼い頃から常用しないと命に関わる薬とは、免疫抑制剤?
つまり陽毬は臓器移植者?
心臓の病気だっけ?
・サネトシらしき人物が「生存戦略しましょうか」という言葉を知っているのは?
サメトシは、ペンギン帽の正体を知っていると冠葉に仄めかしたかったわけだよね?
・晶馬たちの両親がいなくなったのは3年前。
3年前にしては、冠葉や晶馬が幼なすぎる。
冠葉や晶馬って高校生じゃないの?
・謎の図書館らしき場所で、サネトシがペンギン帽に向かって「僕の恋人」と言ってるのは?
何かの比喩?
ペンギン帽は本当に宇宙人で、サネトシも宇宙人?
・夏芽お嬢様がTV番組に電話をかけたのは?
TV番組を見ている誰かに(冠葉?サネトシ?)何かを訴えたかった?
・お嬢様の電話相手はサネトシで、以前からの知り合い風。
サネトシがお嬢様を煽って桃果の日記を奪わせた?
それはサネトシがペンギン帽と「再会」するのに必要なこと?
・副題「僕と君の罪と罰」とは?
モノローグが晶馬なので、僕=晶馬?それともサネトシ?
「君」は陽毬?苹果?ペンギン帽?
「罪」とは、陽毬に関すること?
陽毬は心臓移植者で、その心臓は桃果の心臓だった?
桃果はテロの巻き添えに見せかけられて殺された?
「生存戦略」とは陽毬への移植の為の新しい心臓を奪えという意味?

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)