ROUTE END第6巻のあらすじと感想 真犯人は捕まったが……

ROUTE END第6巻はアニメイトのクーポンを消費した。

内容は一応END事件の真犯人が捕まり、真犯人の回想の途中まで。

鬼頭にたれ込んだ社長の言うとおり、アパートでEND事件が進行していた。
鬼頭は遠い場所にいたようで本署にアパートにENDがいると連絡。
それで小阪と五十嵐が先に到着した。

アパート内部は犯行途中で、しかし死体は切断済みという状況。
9人目の犠牲者は間に合わなかった。
ENDは押し入れに隠れていた。

五十嵐が開けるとそれは何と春野弟(真人)だった。
一瞬、春野かと疑った。

第5巻の予想は若狭だったけど外れたんだろうか……。
何となく真人の他にも黒幕がいる気がする。
なぜなら、真人は「あいつほんとに神様だったのか」と言ってたので。
あいつとはたれ込んだ社長でしょ。

社長は「春野終わるぞ」と呟いてんだよね。
真人が捕まって何が終わるんだ……。
でも本来は真人の子を仮面男が殺そうとしたのが「終わる」だった。
真人の子を殺したら真人は殺人を止めたって意味だろうか。

第2巻を読み返すと、真人は仮面男がENDを名乗って驚愕していた。
普通に考えても驚愕するけど、本当は自分がENDだから驚いてたんだろうね。

真人は仮面男の正体を知ってた。
あるいは社長(黒髪の橘)から教わった。
仮面男の方は拷問らしき跡があった。
それは自分の子が狙われた怒りなんだろうか。

しかし真人が隠れていた物置を見た小阪と鬼頭が「どういう事だ?」と訝しんでいた。
本物のENDとは言えない何かがあった、または無かったのだろうけど、描かれてない。
「終わらせたい」社長なら余計な事はしないはず。
真人の独断かミスでおかしな点ができたんでしょうね。
推理物のお約束としてキチンと伏線を描くはずなので、
真人が見つかったシーンでおかしな点は描かれているはず。
物置には掃除機、板、ロープで結わえた布らしき物、小箱と大箱2つがあった。

回想も挟まれていた。
第5巻で茶髪の美女から真人と付き合ってたと。
そして前のアパートの合い鍵をは紛失していると。
五十嵐が飛び出したのはこれを聞いたからだった。
つまり社長の死体が見つかったアパートに真人は自由に出入りできた。
そもそも警察の方針で春野兄弟を見張ってたらしい。
それは加害者の線と次の被害者の線、両方の可能性があったから。
そして、恐らく加藤殺害の日に真人を尾行してた鎌田はサボった。

真人がENDとして捕まった事を聞いた家族は、
イタズラとか事件に巻き込まれたと合理的に解釈していた。
ちょうど妻の乳癌切除手術も終わったので、当人に告げるのは後日となった。

翌日には春野父の自宅にも、春野の自宅にもマスコミが押しかけるようになった。
それでも春野は真人犯人説を「間違い」と思い込もうとしていた。

若狭は「そうきたか」「お気の毒に春野君」とニュースを見て呟いた。
若狭は何か事情を知ってそうなんだよな……。
単に推理して真犯人の目星をつけてるんだろうか。

手術後の妻は被害者が殺された日の真人のアリバイを話したらしい。
どうやら全て一緒にいなかった日だった。
その上、真人は国選弁護士にも全ての殺人を認めていた。
家族のリアクションは描かれてない。
まあ半信半疑、茫然自失という感じだろうけど。

後半は真人の回想。

母が自殺した日に兄が死体に噛みついたのを目撃してた。
真人は兄と違って大人しい性質だった。

真人は中学時代に母の遺書を読んでる。
父が泥酔して遺書を開いてたのが原因。
それは「愛せなくてごめんなさい」と書かれていた。
それを読んで真人はタガが外れた。
初めは父を殺そうとした。
しかし家を飛び出して誰でもいいから殺そうとした。
そして山中で全裸の男の胸を刺した。
この男は何と社長と同じ顔の男だった。
何となく宇宙人ネタなのかと……。
そうだったらつまらないね。
この全裸男が床下の白骨死体かな。
となると、アウンと真人は春野が入社する前からずっと付き合いがあった事になる。

一方、同級生が公園で自殺した母の子はウンコの子はウンコと侮辱してた。
春野はそれを聞き、怒って喧嘩を仕掛けた。
しかし単身では勝てずにボロ負け。
そこを真人が通りかかり、春野は真人に謝った。
また「お前の事愛してるからな」と抱きしめた。
それを聞いた真人は「隠さなきゃ」と泣いてた。

これ以降、真犯人に強請られて真人は殺人を続けたんじゃないかな。
兄に「隠さなきゃ」という動機があるので。
隠す必要がないなら脅されても平気なはず。

でも捕まったので、それはもうバレてるんだよね。
なので真犯人を自白してもおかしくない。
ところが真人は9件の殺人を認めてる。
これ以上裏がないなら、真人を逮捕させるよう立ち回った社長は何なのか……。
真犯人が別にいて真人に全部おっかぶせてると思うんだよね。

鬼頭は真人に何人殺したか聞いてた。
真人は「(アパートの死体を入れて)9人」と答えた。
これはEND事件以外の殺した人数のような気がする。
つまり見つかってない死体が8人分どこかにあるのでは?
真人が本当に隠したいのはこっちで、
社長がENDの事件を真人がやった事にしろと取引したのでは?
真人としてはENDの犯人としてあえて濡れ衣を着て捕まれば、
発覚してない他の8人の殺人は隠せるというメリットがある。
殺し方など詳しい情報は社長が教えればいい。

あと何となく母は自殺ではない気がする。
もしかして真人が自殺に見せかけて殺した?
真人の回想はサイコパスっぽい独白なんだよね。
何しろ「母の死に涙は出なかった」とか、
「装う事はできる」とか「心ある良き人に見えるかわかる」と言ってるので。
動機は自殺した母を見て兄がどう反応するのかを観察する為。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)