新サクラ大戦第6話「奇々怪々!黒マントの正体」クラーラ囮作戦

新サクラ大戦第6話「奇々怪々!黒マントの正体」は、クラーラを囮にして黒マントを撃破するエピソード。

物置の整理

さくら達が帝劇に来た白秋と話してた。
白秋がクラーラの存在を知ってるのをさくらは不思議がってた。
帝都ではクラーラの噂でもちきりと言い訳していた。
東雲はそんな噂聞いた事がなかった。
クラーラはどこかで会った事があると、気付きかけた。
同じ姿だろとか、気付よとか総ツッコミだった。

白秋はさくらとクラーラを連れ出した。
白秋はさくらに孤児院の物置の整理をして欲しかったらしい。
子どもの数が増えて物置を居室に改装するらしい。

一方、カミンスキーはバレエやってた。
なぜかレイラも一緒に踊ってた。
謎ダンスとツッコまれてた。
クラーラが帝都郊外に出たと報告してた。
普通に喋れともツッコまれてた。
マジでバレエやる意味がわからん……。

寺の孤児院

白秋達はお寺に来てた。
住み込みの子どもと白秋は知り合いだった。
クラーラは初めて見るので珍しがってた。
白秋はクラーラとなおやって男の子を会わせたかったらしい。

その様子をカミンスキーは望遠鏡で観察していた。
脳裏に「光る人物の姿」がよぎり、白秋の意図に気付いたらしい。

白秋達が物置整理していると、子どもの悲鳴が聞こえた。
白秋は「来たか」と呟いた。
黒マントがクラーラを狙って寺を襲ってた。
白秋はクラーラを黒マントから庇ってた。
そしてなおやがクラーラを物置に引っ張った。
これは白秋の指示らしい。

帝劇は既に光武を寺に輸送してた。
匿名の通報があったらしい。
白秋でしょうね、通報したの。

黒マントはロボットだった

黒マントは光武の攻撃で外装が焼け、ロボットだと判明。
すると、異様に素早くなってた。
光武の反応速度では追えない様子。
白秋の斬撃を肩関節が後ろまで曲がる背面白刃取りしてた。
……と思いきや、胸が光って自爆した。

一方、クラーラは孤児院に来るようなおやに誘われていた。
なおやは孤児院のリーダーっぽい。
クラーラは表の様子が気になっていた。
それは帝国華撃団の一員だから、とクラーラは答えた。
それがクラーラの選択だった。

自爆したと思われた黒マントロボは、巨大化した降魔のようになってた。
つまり、他の降魔もロボットをベースにして成長してる?
さくらの光武は素早い動きを捉えられず、パンチを食らいかけた。
そこを白マントが割って入って、パンチを受け止めた。
生身の人間なのにどんな強さ……。
白マントに強化魔法でもかかってるの?

白マントはさくらに胸のコアを狙うよう指示。
「どうして名前を知ってるんですか」とさくらは動揺していた。
……とは言え、さくらは天剣桜吹雪を放ってコアを破壊した。

地上に出たクラーラは降魔の爆発を見て、爆心地の記憶が蘇って叫んだ。
その様子をカミンスキーとがモニターで眺めてた。
カミンスキーは背後からレイラを抱いてた。
レイラは身も心もカミンスキー様の物と答えてた。

クラーラは囮だった

帝劇にシーンが飛んで、白秋はクラーラを囮にしたのを認めてた。
師匠とさくらが護衛につけば安心と、
さくらも囮作戦を納得していた。
とは言え、さくらは師匠がクラーラが狙われているのを知ってたのを不思議がってた。
師匠たるもの、弟子のことを把握してるものだよ、と白秋はとぼけた。
ここでも、全員アホなのとか気付よとかコントかよと総ツッコミだった。

最後、カミンスキーがバレエやってた。
まだ踊ってるとか、踊ってみたとツッコまれてた。
爆心地で倒れてた記憶がよぎってた。
降魔のコアと同じ青い結晶から鳥人のような物が飛び立ってた
ただの心象風景?
エム……偽りの神、と呟いてた。
この人物、寺を監視してた時に脳裏をよぎった光る人物に似てる。
それが白秋?
なんか超人っぽい印象なんだよね、白秋って。

EDは未だにズコーってツッコまれてる。
……とは言え、はやみんは別格とも言われていた。

次回予告はデート回ぽい。

アンケートは「とても」が56.1%「まあまあ」が22.6%、計78.7%が「良かった」だった。
新サクラ大戦第6話アンケート

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)