新サクラ大戦第7話「隠密作戦!デートを追え」家族でお出かけ

新サクラ大戦第7話「隠密作戦!デートを追え」は、さくらと誠十郎のデート回。
正確にはクラーラも一緒なので、家族でお出かけ。

土曜の早朝にTSで見たけど、今時は早朝すら再生がガクガク。
土日視聴はもう終日ダメですね。
私のプロバイダーの問題かもしれないけど。

敵劇に戻った誠十郎

アバンは誠十郎が帝劇に戻ってた。
クラーラは誠十郎に抱きついて泣いてた
誠十郎は花組達を厳しい目で見てた。
事案ってツッコまれてた。
クラーラが虐められてるとか思ってたんですかね……。

誠十郎はカミンスキーについて国際連盟を調べたらしい。
しかし、カミンスキーに関する書類はなくなっていた
それと、光武試作機が行方不明となっていた。

さくらはクラーラの為に料理作ってた。
そして、誠十郎とクラーラと一緒に食事しつつ、
これで家族になれたと語る誠十郎と、
さくらを「ママ」と呼ぶクラーラを思い描いていた。
と言うことは、さくらと結婚する事になる……と妄想していた。

花組達は各自が料理を作って誠十郎をもてなそうとした。
あざみだけ闇鍋で、さすがの誠十郎も引いてた。
そして「どれを食べる」と迫ってた。
誠十郎はその意図を察したのか、みんなで食べようと勧めた。
逃げたwとかさすが隊長とかツッコまれてた。

デートの約束

その夜、誠十郎はさくらを帝劇屋上に呼び出した。
支配人すみれは夜な夜な根回しに出向いていた。
夜のお仕事ってツッコまれてたw
誠十郎は隊長代理のさくらに改めてお礼を言いたかったらしい。
そして、第1話で約束したとおり、翌日に2人で一緒に遊びに行く事になった。
……とは言え、さくらはクラーラも一緒に遊びに誘っていた。
しかし、花組達は抜け駆けとか逢い引きだと勘違いしていた。
なぜか司馬が一番張り切ってた。
杉田wとかギャグ回決定って総ツッコミされてた。
アナスタシアまでポンコツになってるとツッコまれてた。
カミンスキーもなぜか「動き出した」と勘違いしていた。
クラーラと一緒だから?

尾行されている

浅草に向かった誠十郎達は、白秋と出会った。
白秋は、クラーラが一緒なので家族でお出かけと評していた。
司馬達は花屋敷で待ち伏せてたけど、
白秋は「尾行されている」とさくらに教えた。
白秋は花組が付けていると気付いている?
さくらはクラーラが狙われていると勘違い。
なのでクラーラを連れて時計塔に向かった。
カミンスキーは「完璧な変装がバレるはずがない」と尾行続行。
完璧とは……とツッコまれてた。

時計塔に登って、追っ手を確かめるのが狙いだった。
しかし、さくら達には追っ手が見つけられなかった。
ここの方が逃げ場なさそうとツッコまれてた。
塔を降りたさくら達は、追っ手を警戒して細い道に入った。
そして、蒸気船乗り場で落合おうと誠十郎は別れた。
二手に別れるのは、誠十郎も自分がつけられる心当たりがあるので、どっちに追っ手が来るか試すって事だよね。

蒸気船で追跡を巻く

司馬達はさくら達の意図が読めてなかった。
蒸気船の乗船ギリギリに乗って追っ手を撒いてた。
カミンスキーとレイラは慌てて飛び乗ろうとジャンプした。
クラーラは「あれは……」と、その正体に気付いたっぽい
……とは言え、あと一歩届かずに川に落ちた。
花組達はどうも拍子抜けしたようで、尾行に飽きて通信機を捨てた。
帝劇の備品じゃないの?
司馬と大葉こまちだけはまだ拘ってた。
……と思いきや、司令室にすみれが来てた。
「誰が司令室を使っていいと言いました」と説教された。
司馬は乙女というかオカマっぽい悲鳴を上げたw

川に落ちたカミンスキー達は一緒に座ってた。
レイラの冷えに気付いてカミンスキーは体を抱き寄せた。
何で帰還してないんだろう……。
何かを待っていた?

誠十郎はさくらに鈴をプレゼントしてた。
「さっき買った」らしい。
蒸気船手前の別行動の時?

最後は司令室のすみれが蝋封された手紙を見つけてた。

アンケートは「とても」が68.3%「まあまあ」が15.5%、計83.3%が「良かった」だった。
新サクラ大戦第7話アンケート
このペースでどうなるんだとツッコまれてた。
残り5話ですね……。
カミンスキーやレイラが降魔か何かになって戦って終わりかな。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)