SAOアリシゼーションWar of Underground第5話(第29話)「開戦前夜」アリスは死亡フラグを立てた

SAOアリシゼーションWar of Underground第5話「開戦前夜」は、整合騎士団の軍議が描かれていた。

キリトは意志が残っていた

アバンはアリスがキリトをお姫様だっこして整合騎士団の野営地に来ていた。
出迎えたエルドリアは一瞬喜んだけど、キリトを見て嫌がってた。

OP後、エルドリアは、敵は5万で騎士は3千しかいないと教えてた。
動ける整合騎士は13人しかいなかった。
チュデルキンによる再調整から10人目覚めてなかった。
8人は別の地域の警護が必要らしい。
なのでエルドリアはキリトを放置するよう進言。
しかしアリスは「キリトを庇いながら戦う」と宣言。

そこにベルクーリが来て、剣気(心意)を放った。
剣気は当たれば顔の皮くらいは切れるらしいけど、誰も怪我しなかった。
それはベルクーリ曰く、キリトがアリスを守ろうとして剣気を反らしたから、らしい。
……と聞いて、アリスは涙ぐんでいた。
一方、エルドリアは歯噛みしていた。
あいつアリスが好きなのとツッコまれてたけど、まあそういう事でしょうね。

アリスはテントに入って、キリトに青薔薇の剣を持たせた。
キリトは「あぅ……」くらいの呻き声や、腕を持ち上げるくらいはできるらしい。
と言うか、回復しつつあるという伏線?
アリスはキリトが自分をどう思っているのか知ろうと、キリトに唇を近づけた。
アリスは強い心意、つまりキリトが好きっていう想いをぶつけてみれば、キリトが目覚めるかもと思ったらしい。

……ところが、テントの外から鈴の音が聞こえたので、アリスはキスせずに離れた。
「ちっ」とか「邪魔しやがって」とツッコまれてたw

ロニエとティーゼ

鈴の音はテントの入口の物で、食事を持って来たロニエとティーゼが鳴らしたらしい。
修剣士時代の後輩ですね……出番はあれっきりかと思ってた。
2人はちょっと動揺した様子に見えたので、
キスしようとしてるのを見たんでしょうね。

2人は廃人化したキリトを見て泣いてた。
アリスはユージオが死んで青薔薇の剣と変わったのを教えてない。
どうも、アリスのただならぬ雰囲気とキリトが1人だけという状況から察した?
それでユージオが好きだったティーゼは、
青薔薇の剣を見てユージオの声が聞こえたらしい。
コメントでは聞こえてないってツッコまれてたけど、どうなんだろう……。

2人はキリトとユージオが禁忌を犯した理由を話した
自分達のせいで先輩達が罪人になったので、好きになる資格はないと。
また、体を弄ばれたので穢れたとも思っていたらしい。
アニメでは未遂と言われてたけど、じゃあ原作は未遂じゃないのかな。
まあ、未遂で「穢れた」という自己認識を持つのも不自然な気もするんだよね。
アリスは、魂の有り様を決めるのは自分だと断言。
すると、アリスは外見がメイドみたいに変化した。
意思(心意)の力だけで姿を変えたらしい。
コスプレってツッコまれてた。

アリスはキリトをロニエとシーズが介護するとベルクーリに報告。
ベルクーリはキリトが決戦の趨勢を決めると直感していた。
キリトは実戦経験が豊富と見抜いていた。
つまり、キリトは命のやり取りを経験していたと。
禁忌目録では天命が無くなる戦いは禁じられていたので、
ベルクーリもそこまでの戦いは未経験っぽい。

そこでファナティオが来てベルクーリを軍議に呼んだ。
ファナティオは兜を脱ぐと化粧していた。
ポリ姉ってツッコまれてたので気付いたけど、生天目仁美だったのか。
ファナティオはキリトが唯一「女と知っても本気で戦った」ことを感謝していた。
なので、キリトにお礼を言いたいと主張。
また、ファナティオが「あれこれしてあげたら」キリトが目を覚まさないかと思ったらしい。
意味深ってツッコまれてたw
アリスはキリトに会うのを拒否した。

これをきっかけに、アリス曰く男と本気で戦うならベルクーリと戦えば良かったとか、
閣下は最強の剣士なので万人に手加減するとかファナティオが言い返したり
アリスは戦った時のベルクーリは汗まみれだったとか、意味深な口論をしてしまうw
調べると、アリスはファナティオよりも剣技は上らしく、ベルクーリも本気を出さないといけないらしい。
それでファナティオはアリスに劣等感を抱いていたらしい。
一方、アリスはファナティオが美人なので劣等感を持っていた。
なので、2人が同じ場にいると険悪な空気になるみたい。

2人はベルクーリに事の真偽を問い詰めようとしたけど、
ベルクーリは「軍議の時間だ」と天幕に入った。
「逃げたw」って総ツッコミだったw

作戦会議

数で10倍くらい劣る騎士団は、門がある峡谷に陣取って包囲殲滅を防ぐしかなかった。
また、敵の暗黒魔術を防ぐには、空間の神聖力を削いでおく必要があった。
峡谷は太陽光が届かず、神聖力がないと魔法が使えなくなる。
治癒魔法すら使えないので、治療薬など道具で凌ぐ。
神聖力を削ぐのはアリスの役目だった。
今のアリスは整合騎士の力を超えているらしい。

アリスはキリトに向かって、最後の天命まで使うとか、
あなたは最強の剣士だからと抱きしめたり、
エルドリアに「これまでよく尽くしてくれた」とか告げた。
フラグ立てすぎとツッコまれてた。
更にアリスは師として「生きなさい」とエルドリアに命じた。
「愛する者を取り戻しなさい」とも言ってたので、フラグを押しつけたとツッコまれてたw
この時、エルドリアの脳裏に女の子のシルエットが浮かんでいた。

最後は門の両サイドで両陣営が待機していた。
その中にキリトもいた
連れて来たの?とか、後衛じゃないとか、介護放棄とかツッコまれてた。
まあ、ここにいるって事は戦闘中に覚醒するんでしょうね。
そうじゃないとベルクーリの直感が意味不明すぎるw
あとガクブルしてる女騎士がいた。
誰?ってツッコまれてたけど、もしかしてアスナ?
1人だけガクブルしてたんだよね。

アンケートは「とても」が68.1%「まあまあ」が16.3%、計84.4%が「良かった」だった。
スクショも撮ったと思ったのだけど、また撮り忘れてた……。

“SAOアリシゼーションWar of Underground第5話(第29話)「開戦前夜」アリスは死亡フラグを立てた” への1件のコメント

  1. ソードアート・オンライン -アリシゼーション- War of Underworld BS11(11/09)#05

    第5話 開戦前夜 アリスは整合騎士に戻り東の大門の状況を把握。整合騎士が兵士を訓練する陣に到着する。飛竜が仲良しのオーナー、エルドリエが駆けつける。キリトの存在は不快に…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)