一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

殺戮の天使第15話「A vow cannot be stolen」ザックとレイチェルの再誓約

殺戮の天使第15話「A vow cannot be stolen」は、レイチェルがダニーに撃たれて瀕死になるエピソード。
またザックとの誓いを再確認していた。

グレイが各階層のフロアボスの死体や「直した」小鳥を見て回ったのはオリ要素。
そんな暇ないだろとw
原作ゲームではダニーが起爆したと思ってたので同じ演出にして欲しかったな。
と思ったら、後半でダニーが「僕が作動させた」と言ってた。
原作ゲームでもそうだったかな……。

原作ゲームだと階段は妙に長くて、炎と瓦礫で埋まっていた。
その隙間を見つけて脱出するというミニゲームになってた。
アニメだと単に登っていくだけ。
ただし途中に檻があった。
原作ゲームに檻は無かった。
この檻は「おり」なだけにオリ要素ってツッコミ待ちなんだろうかw
ザックは檻を鎌でぶっ壊そうとするけど歯が立たない。
原作ゲームだと瓦礫を鎌で破壊していた。

火の手が迫ってザックはトラウマが蘇っていた。
かつて孤児院の夫婦に火で殺されかけたんだよね。
レイチェルは怯えるザックを落ち着かせてた。
原作ゲームよりも怯え度がパワーアップしてた。
アニメだとレイチェルがナイフの柄で檻を破壊しようと無駄な事をしてた。
それを見たザックは自分を奮い立たせて檻を破壊。
次々に瓦礫も破壊し、とうとう鎌は折れた。

階段を登り切ってレイチェルはザックが望んで殺す気があるか聞いてた。
恐らくザックはレイチェルと一緒にいるのが楽しくなってる。
それをレイチェルも察してる。
しかしレイチェルは本気で殺されたがっていた。
なので外に出たら殺してくれるか確認してた。
ザックは「ナイフをあげたのは俺が殺すまで死ぬなって意味」とか
「俺は嘘が嫌い」と殺す約束を再誓約してた。
本音はもう殺したくないんだろうなって感じなんだよね。

ここでダニーが追いついてレイチェルを撃った。
ザックも撃ったけど急所は外れてた。
原作ゲームだとダニーはずっと這いずった状態だったはず。
アニメだとなぜか立ち上がってた。

レイチェルは誓いが叶わなくても構わないとダニーを否定。
自分は望まれて生きたかったとか、
ダニーがレイチェルに与えたのは自分の望みじゃなかったと。
その返事を聞いてダニーはレイチェルにトドメを刺した。
これも原作ゲームにはない。
レイチェルは初めの1発だけで瀕死になってる。

ここでグレイが登場し、ボウガンでダニーを撃った。
恐らく先回りできる隠し通路がある。
道中のレイチェルとザックのやり取りを観察してたんだろうね。
なので「ここまで好き勝手するとは」と怒ってた。
原作ゲームだとここで本当はグレイが起爆したとわかる。
……と記憶してたんだけど、記憶違いだったかも。
一応当時のSSはあるんだけど、該当シーンはファイルが破損して見れなくなってたんだよね。

グレイはレイチェルはまだ生きていると断言。
また外に出れば助かるとも。
意味もわからずザックはレイチェルと出口から出ようとした。

原作ゲームでは這いずりダニーをボウガンで撃ってダニーも瀕死になってる。
アニメだとボウガンは肩に当たっただけ。
それでダニーはピストルを構えて……という引き。

ここらはまだ尺がかなり余ってた。
ED後に総集編みたいなダイジェストが流れてた。
うーん……要るのかこれ……。
脱出後に警察に捕まるまで描いても良かったような……。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)