一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

殺戮の天使第8話「Yeah, I ‘m a monster」ザックの過去

殺戮の天使第8話「Yeah, I ‘m a monster」はザックの少年時代のエピソードだった。
原作にはないオリ要素だった。

アバンは前話の第4フロアで囚人を片っ端からマシンガンで射殺するシーン。
それを見てたキャシーが「邪魔な者を簡単に殺す」と笑ってた。
ただしこれはレイチェルが見てた幻覚。
原作ゲームでも説明はないけど、たぶんグレイ神父が心理誘導してんだろうと思う。
実際、エレベータで待ってたグレイはレイチェルがやった事を知ってた。
マシンガンの操作自体が幻覚かも。

次に第5フロアの管理室に向かった。
墓場から手が出てレイチェルの足を掴んだ。
レイチェルは躊躇せずに足を踏みつぶした。
この様子をグレイは後ろから観察していた。

ここでもまたエディの幻覚を見てた。
エディは「レイチェルは自分の事しか考えてない」と指摘。
そのせいでザックも苦しませるだけと。
エディがザックを案じる訳がないんだよね。
今までの作中でザックを案じてたのはグレイだけ。
そして冷蔵庫の奥のスイッチを押してエレベータを起動。

グレイの元に戻るとグレイは手を踏んだ理由を問い詰めてた。
手は悲鳴を上げていたはずだと。
レイチェルはただのぬいぐるみだったと否定。
視聴者視点だと確実に悲鳴を聞いてたはずなんだよね。
しかも「そんな事よりも早く次のフロアへ」と促していた。

そしてダニー先生の第6フロアでザックが吐いたゲロが襲ってきた。
と思いきや、これも幻覚。
アニメだと廊下を走って逃げるけど原作ではその場で気絶するだけ。
ここでアイキャッチが入ったので、もっと長い改変かと思ってた。
実際にはアイキャッチ後にすぐ気絶していた。

薬はなぜかなくなっていた。
ダニーの死体も消えていた。
フロア7に降りようとするとグレイはレイチェルが全ての原因だと意味深発言。
グレイは薬がないとわかっててここまで来てるんだよね。
まあ「あるかもしれない」と言ってたのでウソではないけどw

後半はザックの少年時代のオリ要素。
ザックが見てた夢らしい。

孤児院の夫婦を殺してから抜けて、行きずりの女を殺してた。
その女が乗ってた車で寝ると、翌朝に盲目の爺さんと遭遇。
初めは爺さんも殺そうとしていたけど、爺さんの自宅で食事してた。
心変わりの理由はよくわからない。
盲目だと気付いたので女の死体が見えてないから通報されないと判断した?
でも爺さんは咄嗟に嘘をついたように感じた。
食事の提供を受けたザックは「なんで」と聞いてたけど、
本当は見えていると察したんじゃないかと。

ザックは深夜に爺さんを殺そうとしていた。
何か「ぞわぞわする」らしいけど爺さんを殺してもぞわぞわは消えないと中断。
代わりに近郊の街の裏路地で行きずりの酔っ払いを刺殺。
ここだけ見るとザックのモデルはジャック・ザ・リッパーっぽいなという印象。

爺さんはザックが人を殺してきたと聞いても顔色も変えなかった。
そして「疲れただろう」と自分のコートをザックにかけた。
爺さんはザックを振り返っておいしいパンを買いに出かけた。
これも実はちゃんと見えているという意味かと……。

爺さんは家に戻らなかった。
ザックは家具を破壊しまくって荒れた。
何かここで爺さんとの繋がりがあればザックは殺人鬼にならずに済んだくさいね。
もしかしてこの爺さんがグレイ神父?とチラっと考えてたけど外れたw

実は爺さんは近くの河原で殺されていた。
殺したのは行きずりの強盗カップル。
ザックはカップルを偶然見つけたのか、両方とも殺してた。
強盗殺人者の割りに少年のザックにあっさり殺されてたのは不可解。

最後はザックの元にダニーが現れていた。
ダニーは実は死んだフリをしていた。
恐らくグレイも本当は死んでないとわかってた。
ザックも暴走してフロア6に来るし、成り行きで生贄となってしまう。
ダニーも暴走して、死んだフリをしてたのに薬を破棄してレイチェルを追うし、
エディもレイチェルを殺したいとレイチェルの意思に執着し、
キャシーもレイチェルの本性を察して狂喜していた。
殺人ゲームをやってる連中にとってはレイチェルは魅力的らしい。
これが殺戮の天使の意味なんだろうと勝手に思ってる。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)