盾の勇者の成り上がり第10話「混迷の中で」リュート村の兵士

盾の勇者の成り上がり第10話「混迷の中で」は、若い兵士が尚史のパーティに参入するエピソード。

信用できない

アバンは前話の続きで「信用できない」とメルティを冷たく応じたシーン。
そこに兵士が来てメルティを呼び出したので、結局は尚史から離れた。
盾の勇者を不当に差別するのを諫めるのが女王の意思で、メルティはその命を受けていた。
ラフタリアの言うように、話だけでも聞けばいいのにね。

そこに兵士達が来て「盾の勇者に同行する事」を頼んでいた。
それは全員が尚史が助けたリュート村の出身だったから。
しかし尚史は「売れ残りのアクセサリを銀貨150枚で買えば認める」と突き放した。
それでも兵士達は金を工面すると立ち去った。
何となくブラックジャックの間黒男っぽい。

クラスアップは禁じられている

尚史はクラスアップの為に教会へ向かった。
料金は金貨15枚だった。
たぶんぼったくり。
それでも尚史はフィーロを先にクラスアップさせようと金を払った。
……と思いきや、女神官が「王の命令書」を見せて盾の勇者のクラスアップは禁じられていると拒否。
女の方が強い文化なのに女王は命令を出せないんだろうか……。
女王が王の命令を上書きすればいいんじゃ?

尚史は例の奴隷商にクラスアップの方法は無いか聞いてた。
奴隷商曰く、他国にある流刻の砂時計でクラスアップすれば良いと。
ただし、どこも遠くて次の波は10日後なので間に合わない。

そこで奴隷商はフィロリアルの爪を勧めた。
金貨5枚だったけど、尚史は4枚にまけさせた。
奴隷商はそれをなぜか喜んでいた。
たぶん仕入れ価格はもっと安いんだろうね。

尚史は試し切りしたいと言い出した。
ちょうど、王都の下水道の魔物退治の依頼があった。
これはワニの魔物だった。
誰かが飼えなくなって下水に逃がしたと尚史は見ていた。
フィーロの爪はかなり鋭かった。
ワニを倒したものの、ラフタリアもフィーロも尚史に汚水をかけまくってたw

ラフタリアは、全ての波が終わると尚史があちらの世界へ帰る事を案じてた。
一緒にあちらの世界へ行けないのかとも。
一緒に帰還しても、元の世界ではただの引きこもりなんだよねw
この世界で身に着けたスキルは全て使えないし。
美しく別れるのが正解かな。

次の町は、弓の冒険者イツキが革命を起こし、難民が生まれていた

コメントでは、弓が一番ヤバイとツッコまれてた。
ところが、その弓の勇者イツキは剣の勇者と「成りすまし」の話をしていた。
尚史をなりすましと疑っていた。

弓の勇者が協力した「革命」は首のすげ替えに過ぎず、むしろ以前よりも重税を課されていた。
それでギルドから新しい領主を倒す依頼が来ていた。
剣の勇者のドラゴン退治は、その死骸のせいで疫病が蔓延。
尚史が死骸を処理したので依頼がキャンセルされただけ。

剣の勇者は納得したものの、イツキは尚史の言い分を否定。
イツキはその国がどうなるかわかってて依頼を受けたのかもね。
レジスタンスとグルで、重税のキックバックを貰っててもおかしくない。
そして、新しい領主が圧政を敷くのも読んでいたのかも。
そうすりゃその領主討伐依頼を受注して、二重に報酬が貰えてオイシイ。
そう考えるとなんか、イツキの方がビカレスクロマンの主人公っぽい気がする。

もっと良い装備を買え

最後はリュート村の兵士達が金を持ってきた。
尚史はその金でもっと良い装備を買えと、パーティに入れたらしい。
武器屋のオヤジはうちを会議室にするなと言うものの、兵士達はそこで装備を買う訳でw

次の波まで24時間を切っていた。

アンケートは「とても」が87.1%「まあまあ」が、計が「良かった」だった。
盾の勇者の成り上がり第10話アンケート

“盾の勇者の成り上がり第10話「混迷の中で」リュート村の兵士” への2件のフィードバック

  1. 王都の地下には魔物が棲む

    他の勇者と今はこんな関係だけど、
    いつか協力して悪に立ち向かう時が来るのかな・・?

    『盾の勇者の成り上がり』 10 混迷の中で

    王族のことなど信用出来ないとメルティの話…

  2. 盾の勇者の成り上がり BS11(3/13)#10

    第10話 混迷の中で メルティは王族で第1王位継承者、王族は信用出来ないと状況説明も聞かずに帰らせる。 尚文の酷い仕打ちにどうしてと怒るフィーロ。 話くらいは最後まで聞…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)