盾の勇者の成り上がり第23話「カルミラ島」レベル上げで正体がバレた

盾の勇者の成り上がり第23話「カルミラ島」は、レベル上げと尚文の正体が本当に縦の勇者だとバレたエピソード。

盾の勇者だと気づいてなかった

アバンは船で同室の冒険者ラルクとテリスと挨拶してた。
尚文が名乗ると「盾の勇者の偽名を名乗るのはやめろ」と笑われた。
何しろ盾の勇者は極悪人で、目の前の尚文は全く極悪人には見えなかったらしい。
てか、メルロマルク王とマインの裁判や、三勇教壊滅の情報は伝わってないんだね……。

このシーンで、翻訳魔法を使って会話していた。
尚文は盾の力で自動翻訳されていたらしい。

その後、三バカに精錬度などのシステムは「信じると使える」って事を教えようとはしていた。
しかし全員、船酔いで聞く耳を持たなかったw

それから、テリスに宝石細工の依頼を受けていた。

カルミラ島に着くと、フィーロが「お日様ぎらぎら」と言ってたんで、南の島なんですかね。
伝説の勇者のゆかりのある地として観光地になっていた。
それと今は活性化してるんで、各地の冒険者が集まっていた。
それでカルミナ島にはマナーがあって、他の魔物を横取りしないとかネトゲみたいなルールだった。
また、尚文が勇者の残した石碑に手をかざすと、フィーロが強化された。

狩り

中間は魔物を狩ってたけど、弱すぎて経験値が入らなかった。
そこに三バカが来て、狩り場の占有権を言い争ってた。
さっそくマナー違反してた。
お互いに近いと経験値が入らないらしい。
てことは、これが今まであまり協力的ではなかった理由?
尚文は呆れて自分から去った。

違う島では経験値がオイシイらしく、更にフィーロの爪とラフタリアの片手剣がドロップ。
夜の方がいい物を落とすらしいので、
尚文は夜営するつもりだったのか、島から帰らなかった。
なので、島主から捜索依頼が出てたらしい。
依頼を受けたラルクとテリスが探しに来ていた。
次の波まで稼ぎたかった尚文も、さすがに諦めて帰還した。

酒場のダイジェストになってたけど、ラフタリアが腕相撲で勝ってた。
獣人なので力が強いんですかね。

あと、酒の元となる実を元康が食って泡吹いてたw
尚文は平気で食ってたけど、下戸なんだろうか。

後半はラルク達と一緒に狩ってた

翌日、尚文は依頼の宝石細工をテリスに渡した。
テリスは宝石が喜んでいると泣いてたので、尚文は引いてた。
代金として金貨袋丸ごと貰ってたので、やっぱり引いてたw

ラルクはLV56でテリスはLV52。
これはクラスアップ済みという意味らしい。

ラルクもテリスも強かったらしく、尚文達は唖然としていた。
テリスも尚文から貰った腕輪の威力に驚いていた。
しかも尚文ごと巻き添えで食らうと、ダメージが回復する魔法だった
しかしこの様子を見てラルク達は態度を変えた。
どうも尚文が本物の盾の勇者だと気付いたらしい。

狩りは変なアイテムがドロップしたらしいけど、何だったのかは描かれてない。

最後はビーチで遊んでた。
LV上げも頭打ちになってたので、ペンギンスーツで海底遺跡を探索していた。
遺跡には流刻の砂時計があった。
次の波間で48時間しかなかった。

アンケートは「とても」が87.4%「まあまあ」が8.4%、計95.8%が「良かった」だった。
盾の勇者の成り上がり第23話アンケート

“盾の勇者の成り上がり第23話「カルミラ島」レベル上げで正体がバレた” への2件のフィードバック

  1. 盾の勇者の成り上がり BS11(6/12)#23

    第23話 カルミラ島 カルミラ島に向かう船室でカルラ、テリスと再会する。自己紹介するがラフタリアの言葉が分からない二人。通訳機を調整する、尚文は盾の能力で理解できていた。…

  2. タイムリミットは48時間

    ひと言で~

    『盾の勇者の成り上がり』 23 カルミラ島

    船室で一緒になったラルクベルクとテリス。
    尚文が名乗っても信じません。
    女王があれだけ大宣伝をしたのに悪い噂がまだ信じ…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)