盾の勇者の成り上がり第24話「異世界の守護者」勇者VS勇者

盾の勇者の成り上がり第24話「異世界の守護者」は、波と戦う前編。
ザコモブをチマチマ狩るのかと思ったら、大物を狩ってた。
なので、何となくモンハンのアニメ化っぽい回となってた。

海中の大物

尚文達は波に対処する為、船に乗って沖に出ていた。
転移スキルで王都に帰還し、女王に上申して軍を派遣したらしい。
三バカはレベルアップしたので問題ないと共闘を拒否していた。

波が来ると、いきなり樽爆弾を投下。
中身は前話に出てた酒の元となるルコルの実で、魔物を酔っ払わせていた。

女王は尚文に海中のリヴァイアサンのような大物を倒すよう要請。
水中呼吸のスキルなんてあったっけ?
フィーロと共に潜水して、海上へ追い遣る役目だった。
そこを3バカが遠隔攻撃で叩いていた。
ところが、全然ダメージが入ってなかった。
レベルアップしたとは何だったのか……。
ラフタリアの方がダメージが大きかったけど、決定打にはならなかった

サハギンのようなザコ敵が甲板に登り、メルティが船から転落。
……と思いきや、ラルクがサハギンを一閃し、メルティを助けた。
コメントによると、ラルクって原作に無いらしい。
原作って言っても、たぶんウェブ版だろうけど。

ラルクは尚文にもう一度大物を浮かせろと指示。
そして海上に飛び上がった大物を攻撃。
フィーロも攻撃していたし、テリスも攻撃していた。
これで大物を倒せた。

異世界の勇者

ラルクは「こんな弱い奴らが勇者だと」と嘲笑。

実はラルクの正体は異世界の勇者だった
尚文達も異世界から来たんだけど、そういう意味じゃないですね。
異世界の勇者が更にこちらの世界へ転移したような感じ。

ラルクとテリス曰く、こちらの勇者を殺す事が、元の世界を救う事になるらしい。
で、尚文達に襲いかかったけど、例の3バカ達は相手にならなかった。

何となくの直感だけど、ラルク達は勘違いしている気もする……。
黒幕に唆されているとかじゃ?
元康もマインに操られていたし……と言っても、そこまでアホではないだろうけどw

ラルクの本命は盾の勇者だった
なので尚文パーティが戦ったのだけど、ラルク達は強かった。
ラルクのスキルは相手の防御力に応じて威力が上がるスキルだった。
つまり、盾の勇者に特化したスキルと言っていい。
それをラルクはあっさり認めた。
そしてラルクは、正々堂々と倒すと宣言。
波の最中に悠長な……と思ってたら、それはラルクも波の仲間だったから。

尚文も正々堂々と己の防御スキルを教えた。
……とは見せかけで、エアストシールドを攻撃に使って戦った。
それでもラルクは倒せなかった。
そんなラルクを尚文は「元康なんかより勇者に相応しい」と暗に認めていた。

そこでグラスが現れたけど、ラルクは「もう来たのか」と親しげ。
ラルクはグラスと知り合いだった。
てことは、グラスも異世界の勇者?
つまりは、この世界の波は異世界から召喚されてる事になる。
自ら出向いてきているのかもしれないけど、やっぱ例の砂時計が怪しいんだよね。
砂時計が意図的に招いてるんじゃないかっていう……。
砂時計が元凶、黒幕じゃないのかっていう。

グラスは尚文が本気を出してないと見抜いた。
呪われた盾のスキルを使ってないのが根拠。
次回はラルク達を押し返して終わりかな。

アンケートは「とても」が87.2%「まあまあ」が10.0%、計97.2%が「良かった」だった。
盾の勇者の成り上がり第24話アンケート

“盾の勇者の成り上がり第24話「異世界の守護者」勇者VS勇者” への2件のフィードバック

  1. 盾の勇者の成り上がり BS11(6/19)#24

    第24話 異世界の守護者 カルミラ島の海底で発見した龍刻の砂時計で48時間で波が訪れることを知った。転送スキルで急いでメルロマルク女王に報告、直ぐ討伐隊を組織する。海上戦闘…

  2. 昨日の友は今日の敵

    あと1回でどうやって収拾つけるのだろう++;

    『盾の勇者の成り上がり』 24 異世界の守護者

    尚文が海中で見つけた龍刻の砂時計の報告を受けて、
    女王はすぐさま波に対処する軍…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)