『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

進撃の巨人第24巻DVD付きのあらすじと感想

進撃の巨人第24巻DVD付きがやっと届いた。
読了したので感想。

物語内容は、この巻もマーレ人側のエピソードだった。
ただし最後に傷病兵の正体が判明。
この正体は全くの予想外だったw
言われてみれば確かにと納得。

ジーク達の作戦会議

前半はジークが作戦会議としてエルディア人だけを集めていた。
これはマーレの査察で、会話内容を盗聴していた。
それを仄めかす為にジークは「(上官達は)この部屋にはいない」と言ってた。
この発言の意図をマーレ側では1人の兵だけは気付いていた。
この兵は伏線でしょうね。

作戦会議ではタイバー一族という新キャラが登場。
「戦槌の巨人」を持ってるらしい。
タイバー家はマーレの影の支配者のようで、マーレ人も逆らえない様子。

作戦とはパラディ島の本格的な侵攻。
ただし世界中にそれをアピールして、エルディア人への怨嗟を緩和する狙いで、
タイバー家が大々的な「祭事」を行って世界中を納得させる計画だった。
これは第24巻では描かれていない。

ガビとファルコの鎧争奪は相変わらず続行。
ファルコは好きなガビを死なせたくないので鎧になりたいと。
ガビはそんな気持ちに気付いてなかった。
アニメやマンガでよくいる鈍感キャラだけど、女で鈍感ってのは珍しい。

壁内へ潜入した時から数年後までの回想

中間はライナー達がかつて壁内へ潜入した際の回想だった。

ライナーが鎧に選ばれたのは、マルセルが軍上層部に印象操作したからだった。
それをパラディ島上陸後にいきなり謝罪されてライナーは困惑。
ライナーは実力で鎧になったと勘違いしていた。
それで茫然自失となってたようで、
その隙を突かれてマルセルがユミルに喰われたと。

その後、計画失敗と判断したアニとベルトルトは帰還しようとした。
ライナーは成果を持ち帰らなければ粛正されると脅して計画を続行させた。
後は第1巻で描かれたように、超大型を使って壁を破壊。
ベルトルトとアニを持って鎧(ライナー)が壁をよじ登り、安全に壁内へ潜入。

アニは壁内で王政の幹部を尾行して情報を集めていた。
その際に何とケニー・アッカーマンとニアミスしていた。
ただし上手いこと足技を使って下水道に逃げてる。
ここでニアミスしたのは伏線だろうね。

あと、ライナーは訓練でエレンが泣き言を言ってるのを見て、
かつての自分の姿を重ねてみていたらしい。
それでライナーはエレンによく絡んで注意していたわけか。
エレンVSジャンの喧嘩の仲裁を買って出たりね。
ただのお節介キャラとか周囲に一目置かれているリーダーってだけじゃなかった。

回想が終わると、何とライナーは銃で自殺しようとしてた。
よほどパラディ島に戻りたくないらしいね。
でも、たまたまファルコが悔しさから壁を殴り、
その声を聞いてファルコの行く末が気になって中止。
どうもファルコにも我が身を重ねていたっぽい。

傷病兵クルーガーの正体

後半は第23巻にも出てた黒髪の傷病兵クルーガーとファルコのエピソード。

クルーガーは片足を失い、片目も失っていた。
病院のベンチで休んでいた際にファルコと親しくなってた。
そしてクルーガーの手紙をポストに投函する手伝いすらしていた。
クルーガーは今のファルコがどういう言葉を望んでいるか察していた様子。
それで「進み続けた者にしかわからない」と忠告していた。
ライナーもファルコに我が身を重ねてるのだろうし、
弱いのに無理に強くなろうとした者同士なんだろうね。
これを聞いたファルコは、生き生きとした希望を抱いた顔になってた。

タイバー家の当主がクルーガーがいる町レベリオに来ていた。
ここが祭事の場だった。
当主はタイバー家の誰が戦槌を受け継いでいるか誤魔化していたけど、
その記憶から過去のマーレを見てきたような事を言ってた。
自然に解釈するなら当主が戦槌の巨人のはず。

クルーガーはファルコに何度も手紙の投函を頼んでいた。
これは恐らく外部との作戦事項や収容所内部の情報収集の為。

あとエレンの祖父も登場していた。
明らかに精神を病んでいた。
自分の息子が罪人としてパラディ島送りとなっておかしくなったみたい。
この人物の名はイェーガー。

最後は祭事の最中、ファルコがライナーを呼んでクルーガーに会わせてた。
地下室で待ってたクルーガーは何とエレンだった
ファルコにはライナーの友達とか何とか騙して連れてこさせたんだろうね。
ファルコの表情は、クルーガーと会えば喜ぶだろうと想像してるかのよう。

エレンはライナーにマーレを裏切るよう説得するんですかね?
それとも祭事の場に襲撃か何かがあるので、ライナーだけは助けたかった?
タイバー家当主が言う「演出」も、何か腹黒さを感じるんだよね。
例えば集まっている世界各国の要人がパラディ島の工作員に殺されてしまうと、
世界各国はパラディ島を侵略すべしと一致団結しそうだよね。
マーレ側が各国要人を殺して、表向きにはパラディの工作員のせいにする事を「演出」と呼んでるとか?

進撃の巨人第24巻DVD「Wall sina goodbye 前編」の感想

限定特典DVDはスピンオフの「LOST GIRLS」の「Wall Sina, Goodbey」の前編のアニメ化だった。

既に原作小説もマンガ版も読んでいるんで、感想はそれらとの違い重視で。

前編はアニがヒッチから憲兵の仕事を押しつけられて、
行方不明の富豪の娘を捜索で、恋人の自宅でその死体を発見するまでのエピソード。

時期はアニが長距離索敵陣形の訓練に参加中のエレン誘拐を試みる前日。
アニは同室のヒッチに仮病でサボる口裏合わせを依頼し、
その交換条件として行方不明者捜しを押しつけられてしまう。
そのシーンで、アニメ版のアニは既に制服に着替えた後だった。
アニメ版は普段着として制服を着てる設定みたい。
マンガ版では私服としてパーカーを着てる。

オリ要素としてライナーからの手紙を読んでた。
内容は普通に同期に近況報告って程度だけど、
この手紙で長距離索敵陣形の訓練を把握したっぽい。

当の富豪「マルレーン商会」の会長ストラットマンは、
娘の捜索を10日前に依頼したのに来たのは新兵だったと愚痴ってた。
しかし富豪はなぜか入団一ヶ月にすぎないアニを信用していた。
原作ではちゃんと理由を話すけどアニメではカット。
その理由とは10日間放置してたのに急に仕事する気になったのは、
アニがそういう信用の置ける性格だって事。
それとアニが何か仕事をキチンとこなさないといけない理由を抱えていると察していた。

アニは憲兵団のストラットマンの記録を漁るけど、
その資料室担当はマルロになってた。
原作やマンガ版では名無しの女の子のモブだった。
マルロに変えた理由はちょっとよくわからない。
声優は中堅の杉田智和なのでそれなりのギャラだろうし。
ただのモブなら安い新人でも良さげ。

貧民街の安酒場での聞き込みでは、
原作やアニメ版ではコデロインの話をする酒飲みを描いている。
アニメではアニが入店するや男が後ろ手に何かを隠してる程度。
この程度でアニは違法薬物を隠したと察していた。
これはアニメ版の方がクレバーに感じるかな。

娘の恋人はケンパー・ヴォルツと名前が変わってた。
原作やマンガ版ではウェイン・アイズナーだった。
これも変えた意味はわからない。

アニが公園で野良猫に餌をあげるシーンでは、
アニメ版の野良猫は初めから警戒心剥き出しだった。
原作やマンガ版では普通に餌を食べてる。
その上、アニが撫でようとすると華麗な身ごなしで触らせないw

貧民街のケンパーの自宅に向かうシーンでは、
馬車の御者に金を渡して待って貰うのだけど、
アニメ版では何をしてるのか引きの構図なのでわからない。
台詞も無い。

アニはケンパーの自室で懐中時計を見るけど、
それは馬車を待たせるのは1時間だけだから。
原作やマンガではこの時点で30分経ってしまってると確認してる。

ケンパーの死体を見つけるシーンは、
ベッドの下に隠されていたけど、
原作やマンガではベッドの下の引出の中に隠されていた。
引出を開けてコデロインを発見し、
その際に奥にあった死体も発見って事。

ここまでマンガ版だと第1巻の半分程度。
発売予定を見ると第25巻も第26巻もDVDが付くらしいので、
中編と後編が続いているんですかね。
続巻もDVD付きを買って視聴しようと思う。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)