『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

進撃の巨人第29話「兵士」あらすじと感想

進撃の巨人第29話「兵士」は、ウトガルド城砦に巨人が襲撃するエピソードの前半。
副題は兵士だと思い込んでいる戦士のライナーの事でしょうね。

前からだけど今回は特に止め絵が多かったような……。
ナナバ達が立体機動で屋上から飛び出すシーンとか、
巨人が塔に押し寄せるシーンとか、
「最善を尽くせ」と104期が散るシーンとか、
侵入した巨人を窓から突き落とすシーンとか、
ゲルガーが気絶する直前に巨人達を俯瞰するシーンとか。

一方、立体機動で巨人を倒すシーンはさすがに作画が良かった。

冒頭は前話の引きの続きだけど、それから2時間前の回想になってた。

コニーが巨人が母親に似てたと話すシーンで、
ユミルが困惑しつつ嘲笑するという矛盾する顔はちゃんと原作顔が再現されてたw

ライナーが缶詰を見てユミルを問い詰めるシーンは、
第28話でその一部が描かれてたけど、
第29話で前後をきちんと描くなら、
第28話で同じシーンを入れた意味がわからない……。

この缶詰の文字は壁外言語という設定のはず。
日本語のカタカナを逆さまにした文字になってた。
この逆さま文字は壁内言語と同じ。
ただし、壁内言語は逆さまにすると左から読めるのに対して、
壁外言語は右から読めるようになってるのが違う。
原作第1話の「道具屋」の看板は逆さまにすると「ドウグヤ」。
進撃の巨人原作第1話ドウグヤ
缶詰は「ンシニ」と読めるけど、右から読むと「ニシン」。
進撃の巨人第29話ニシン
読む方向が違うだけなので、ライナーが読めないと主張するのはおかしいんだよね。
でもそれは、自分の正体を隠す為にすっとぼけてるのだろうけど。
というか、この時点のライナーは「兵士」なので、文字すら読めなくなってるのかも。
どっちにせよ、本来のライナーは壁外言語を読めるはず。
それとライナーはニシンの事を実は知ってる。
知らないなら「ニシンって何だ?」と聞かないとおかしい。
作中世界のニシンと現実の鰊が同じ魚という保証はないけど、
同じならニシンは海水魚で、壁内は淡水魚しかいない。
誰も海を見た事がないわけだからね。

ライナーが先頭切って階段を下りるシーンは、
原作だと猛スピードで降りた感じなのに、
アニメだと他のキャラと同じくらいのスピードだった。
ベルトルトが止める間もなく走り去った感じではないね。

クリスタがスカートを破ってライナーを介抱するシーンでは、
ライナーの顔が原作よりも一掃怖くなってた気がするw
クリスタの生足を意識しないように、わざと険しい顔をしてるんだよね。
ここでライナーが「結婚しよう」と内心の呟きが聞こえるけど、
原作だともっと軽い「結婚しよ」で、表向きのシリアス顔とのギャップが面白いんだけど。

獣の巨人が壁外方向へ降りてったのはオリ要素かと思ったら、原作と同じだった。
原作の絵だと降りてるとはわからなかった。
一見、また別の壁に登っているように見える。
でもよく見ると、獣の巨人の上の壁面に既に穴が開いてるので、
上から穴を開けつつ降りている途中だとわかるね。

ゲルガーが食われる直前に空の酒瓶を持って、
「誰だよ飲みやがったやつ」と怒るシーンは、
原作だとシーンのテンポがいいのでギャグシーンになってるけど、
アニメだとシリアスな間を作ってたので、ギャグの間ではなくなってた。

ナナバが食われる原作のシーンはただの1コマだけ。
アニメだと食われる様子をちゃんと描いていた。
これに伴ってナナバが食われる際に「お父さんごめんなさい」を連呼してたのはオリ要素。
たぶん父親の反対を振りきって入団してたんでしょうね。
あるいは巨人がお父さんに見えた?
コニーの母にそっくりな巨人もいたわけだし、
案外、ナナバを食ったのはナナバの父だったりして……。

原作だとユミルが巨人化するシーンは朝日が昇っているけど、アニメだとまだ夜のまま。
巨人化の光をわかりやすく描きたかったんですかね。

ユミルが巨人化した際にオレンジの稲妻のようなエフェクトが出てた。
これは想像とは違った。
もっと白い光だと思ってた。
それと一瞬光るだけかと思ったら、割と長く光ってた。

で、ユミルが巨人化したところで引き。
やっぱり全体的にテンポが遅いですねえ……。
ここで引きにするのは納得ではあるけど。

原作だと雪山の回想が入ってから飛び降りてるけど、
次回予告にも映像があったので、回想はカットではなく次回かな。

ところで、公式ツイッターでイラストを公開してる。
この絵はTV放送時のED後に出てたらしい。

進撃の巨人第29話イラスト
https://twitter.com/anime_shingeki/status/855775336608350208

こんな絵を提供するってことは、
この4人は同期で仲が良かったんでしょうねえ……。

追記。
他の感想を読んでたら、第2期は1クール全12話だと気付いた。
インタビューで編集担当が明言してる。

アニメ「『進撃の巨人』Season2」特集 編集担当・川窪慎太郎氏インタビュー (1/2) – コミックナタリー

既に1/3消化済みで、第8巻ラストから第10巻の途中まで進んでる。
このペースだと第14巻まで進むけど、第14巻にはちょうどいい区切りはない。
ちょうどいい区切りを考えると、エレン奪還で終わりかな。
残り2話でエレン拉致までやって、後半6話で第12巻「叫び」か第13巻「リヴァイ班」あたりまでと予想。

あとナナバの声がボーカロイドの鏡音リン・レンの下田麻美だとは気付かなかった。
全然別人に聞こえるねえ。

2 Responses to “進撃の巨人第29話「兵士」あらすじと感想”

  1. 進撃の巨人 Season2 BS11(4/22)#29

    第29話 兵士 ウトガルド城跡に到着した調査兵団の混生2部隊。巨人が集まる2時間前のこと。誰かが住んでいたらしく酒瓶を発見するが、読めないラベル。恐らくは盗賊が隠れ住んでいた…

  2. 進撃の巨人 Season2 第29(4)話「兵士」

    第29(4)話「兵士」

    いや…助かる(結婚しよ)
    そこはブレないんだw

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)