『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

進撃の巨人Final第78話「兄と弟」ユミルの正体

進撃の巨人Final第78話「兄と弟」は、
エレンが道へ転移するエピソード。
原作第30巻第119話から第120話中間まで。

エレンがガリアードの脊髄を狙って背中や頭を殴ってた。
そこをマガトが狙撃。
調査兵はマーレ兵と戦ってた。
その背後に回ってた。
エレンはいつの間にかライナーに両腕を抑えられてた。
そこにジークが降ってきた。
例の叫びをやろうとしてた。
コルトが間に合ってファルコが脊髄液を飲んだと訴えた。
曰わくジークの計画は知らん。
ファルコが叫びの範囲から逃げたら好きなだけ殺し合えと。
ガビも馬で駆けつけた。
乗れとファルコに叫んだ。
弟を思う気持ちはわかる。
だから残念だとジークは叫んだ。
ファルコも調査兵も巨人化した。
コルトはファルコを抱きしめてたから、
そのまま巨人化の巻き添えで死んだ。

ライナーはエレンとファルコを抑えた。
片腕では力が弱いようで、その隙にエレンは抜け出した。
ファルコはライナーのうなじにかじりついた。
マガトはジークのうなじを狙撃した。
エレンも狙撃しようとしてた。
そこにアルミンとミカサが特攻してた。
ビークはあなた達はもう終わったと訴えた。
ライナーはファルコに自分を食わせようと諦めてた。
そこにポルコ=ガリアードが来て、ファルコが気付いた。
俺の方がライナーより上だと言い残してポルコは食われた。
エレンは硬質化でライナーを巻き込んだ。
その隙に生身でジークの元に走った。
それをガビが狙撃した。
エレンは頭部が千切れて飛んだ。
黒塗りなど全く規制はなかった。

進撃の巨人第78話吹っ飛んだエレンの首

中間はジークの回想。
エレンがイェレナの計画に応じた直後くらい。
エルディア人の絶滅計画にエレンは賛同してた。
ジークがボールを投げるとエレンは落としてしまった。
体がなまったと言い訳してた。
エレンの本音はジークに賛同してないと示唆する伏線ですね。

回想後、エレンは道にいた。
果てのない夜の砂漠のような空間。
ジークは鎖に繋がれてた。
吹っ飛んだエレンの首は完全に死ぬ前にジークに触れた。
始祖の力は発動した。
寡黙な少女が1人いた。
それがユミル。
王家の血筋の為に長い時間をかけて土をこねる。
土から肉体を作る。
道は現実の時間の流れから切り離されてる。
ここでどんだけ長い時間を過ごしても、
現実に戻ると時間はほとんど経ってない。
エレンはエルディア人の絶滅計画を否定した。
話を合わせていただけとドヤった。
ユミルに何かを命じようとした。
ユミルはエレンを無視してジークに傅いた。
王家の血筋じゃないとユミルは従わない。
ジークの鎖はフェイクでユミルに作らせただけ。
不戦の契りは無効になってた。
歴代王の記憶を継承せずに道に来たから。
ユミルの正体は王家の血筋に服従する奴隷
エレンを試すのが狙いだった。
力の行使の前にエレンの本音が聞けて良かった。
でもジークはエレンを諦めてない。
必ず助ける。
曰わく俺達は父親の被害者だから。
世界を救うのはお前と一緒だと頭をぶつけた。
(記憶操作の能力を使った)

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)