進撃の巨人Final第66話「強襲」ジークはうなじを削がれた

進撃の巨人Final第66話「強襲」は、
エレンが戦槌を食うエピソード。
ジークもやられ、車力もやられた。
原作第26巻103話から104話中間まで。

機関銃は立体機動と相性が悪い

アバンは前話ラストと同じ。
俺は巨人だぞ。
これがパラディ島の悪魔……。
ていうガリアードの台詞。
でも車力の巨人が間に合った。
機関銃は立体機動と相性が悪い。
獣の巨人も「やはり来たか」。
殺してやる、イェーガー。
……とガビも駆けつけてた。
死ぬな、生き延びろ。
……とリヴァイは命じた。

俺もガビも味方

ライナーは一部巨人化して手の中でファルコを守ってた。
ライナーは気絶してた。
巨人の力で体が修復されない
もう生きる意欲がないから……。
助けを呼んできます。
俺もガビも味方ですから。

戦槌はアニと同じ水晶体で囲われ、
エレンが食おうとしても歯が折れてた。
戦槌には余力がない。
エレンには余力があった。
巨人を捨てて、また巨人になってた。

出て来いよリヴァイ

戦士長の背後は私たちが守る。
今頃マーレ軍が包囲してる。
敵は補給線がない。
袋の鼠。
慎重に駒を進めようって話。
さすがピークちゃん、その通り。
と獣は岩を砕いてショットガンのように投げてた。
出て来いよ、リヴァイ。
つっても、茶番なんだよね。

そこの漁船、危ないぞ。
艦隊が見えないのか?
漁船と思いきやアルミンが巨人になってた
超大型巨人の爆風は、遠方のレベリオ区まで届くほど。
進撃の巨人Final第66話超大型巨人の爆風
そして軍港を地鳴らし。
艦隊は全滅してた。
これがベルトルトが見た光景と自分でおののいてた。
(ベルトルトの記憶を継承してた)
これを見たマガトたちは、ベルトルトが食われたと察してた。

ジークはうなじを削がれた

ファルコは自分を庇ってライナーが意識を失ってるとだけマガトに教えた。
自分がエレンの手紙を運んだのは言わない。
とはいえ、マガトはそれを知ってそうなんだよね。
ヴィリーと「ねずみ」の話をしてたのだから。
エレンの手紙、本当は検閲してたでしょ。
だからねずみに気付いたんでしょ。

ガリアードが特攻してた。
ピークとジークはその隙を突かれ、
ジークはうなじを削がれてた。
削いだリヴァイはうなじに爆弾投げて逃亡
とはいえ、ジークの計画通りなんだよね。
ピークは調査兵の包囲攻撃喰らってた。
機関銃撃ってた兵士も全滅。
ピーク自身、雷槍の多段攻撃で瀕死になってビルから転落。

ファルコはピークを庇って立ちはだかってた。
ジャンは雷槍を撃ったけど外した。
原作だと巨人の体が消える蒸気で軌道が反れたようにも見える描写。
ジャンもそう言ってる。
ピークが「逃げなさい」というのはオリ要素。
原作だと完全に意識不明に見える。
車力は力がない。
なので体の治りが遅い。

調査兵は飛空船を飛ばしてた。
屋根にライトを設置して光の道を用意してた。
頼んだよ、オニャンコポン。
実名なんだろうか……w
原作でもよくわからない。
エレンを回収できないと、僕らに未来はない。

戦槌も食った

顎がミカサに足を切られ、エレンが顎をぶん投げるのはオリ要素。
そうなると思った。
と原作のミカサは呟いてる。
原作では頭を掴んですぐに戦槌を顎で割って食ってる。
進撃の巨人Final第66話食われる戦槌
これで戦槌もエレンの能力になった。

ガビとファルコはライナー助けてと叫んでた。
この辺、ウルトラマンのパロディ?
その声にライナーは巨人化して立ち上がったという引き。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)