昭和元禄落語心中第2期第4話感想

昭和元禄落語心中第4話は、小夏の子・信乃介が成長した数年後の話。
今回は成人した小夏の噺が見所だった。

与太郎(助六)は前話で「自分の落語」を掴んで以来「化けた」らしい。
昔を知る人が言うには、昔は愛嬌だけだったのが、
今ではテレビでも人気の落語家になったと。
それでも廃れかけている寄席にもちゃんと出て、毎回満員だった。

信乃介は「寿限無」を初めの部分だけやってた。
それを見て与太郎と小夏は「天才だ」と喜んでた。
しかしそこに八雲がやって来て、女子どもがうるさくするのを咎めていた。
まあ別に嫌ってるわけではない様子。
謝罪する信乃介に「そうやって礼儀を覚えていきなさい」と言ってたので。

八雲は寄席で「郭噺」を敢えてやってたらしいけど、これも初めの部分だけ。
小夏は子どもがいるのに郭噺なんてと怒ってた。
八雲は楽屋で「寿限無」をやってと信乃介に頼まれていた。
でも違うのをやったのは、しかも郭噺だったのは、
案外信乃介に落語を教えようと思っての事かもねえ。

例の作家・樋口は自分が書いた新作落語の意見を求めてたけど、
八雲はいきなり原稿用紙を破り捨ててたw
落語はもう滅びればいいという八雲の考えは変わってない。

後半は小夏が噺をやってた。
幼稚園の「らくごかい」のボランティアとして与太郎が出演するはずが、
与太郎は急に小夏を舞台に押し出して噺をやらせてた。
これが小夏には人生初の高座だったらしい。
久々に噺を出だしからオチまでほぼ全編聞けた。
小夏は舞台を捌けて泣いていた。
子どもの頃からの夢だったのだろうねえ。

最後は八雲が助六に扇子を眺めているのを、
後ろから何者かが座って待っていた、という引き。
八雲は樋口を嫌ってるようだし、誰なのかはわからない。

One Response to “昭和元禄落語心中第2期第4話感想”

  1. 昭和元禄落語心中 助六再び篇 TBS(1/27)#04

    第4話 幼稚園に通う信乃助は寄席、雨竹亭に通っていた。助六は大人気でTVでも引っ張りだこ。それでも寄席にも出演する。小夏は下座の仕事を始めて、出囃子を演奏する三味線担当。助…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)