狼と香辛料2期 第11話 狼と別れの決意 感想

・エーブに「宿では声を抑えることを勧める」と言われて、ホロが咄嗟にロレンスの足を踏んだのは何で?
ロレンスが驚いたから?
ホロは嘘を聞き分けられるので、エーブが嘘をついていると気づいた?
エーブがカマをかけただけなのにロレンスが驚いたことで、2人が聞かれると困るような会話をしていると認めたも同然だから?
自分のカマカケがうまく行ってエーブは笑ったってことかな。

・ロレンスがホロの尻尾を触るとびっくりしてロレンスを押しのけるシーンは笑ったw

・9話でロレンスに「怖い」と訴えたのは、ロレンスが変わってしまうこと。
このシーン、一度見たのに忘れてたな。
9話で「わっちが怖いことは、これのこと」と言ったのは、ロレンスがホロの誘惑に慌てずに冷静に優しい対応を取ったことが、ロレンスが変わってしまうことの兆しのように思えたからみたいだね。

・武装蜂起すらエーブは知ってたんだっけ?
初見では、まあ何かあるんだろうなと思ってたけど。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)