シュタインズゲートゼロ第13話「回折叙唱のマザーグース」かがりの幼児退行と洗脳

シュタインズゲートゼロ第13話「回折叙唱のマザーグース」は、ゲーム版でも描かれてないオリ展開だった。

アバンはかがりが幼児退行していた。
まゆりを完全に母と思い込んでいた。
この辺から「かわいい」弾幕が出てたけど、今回は全体を通して「かわいい」コメ比率が高かった。
岡部が説得して、まゆりがかがりの母役をやるよう受け入れたらしい。
かがりは過去のまゆりとわかってて、ママと甘えているようにも見えた。
と言うのも、岡部やダルの事もちゃんと認識していたので。
しかも「バイト」の事もちゃんと覚えていた。
でも、まゆりの記憶だけが幼少期の記憶とすり替わった感じにも見えた。

冒頭以降はオリ展開だった。

鈴羽はなぜかかがりに冷たかった。
どうもかがりの記憶が戻って、今までのかがりへの鬱憤が戻ったらしかった。
あとでダルに話してたけど、母親(まゆり)にべったりなのも嫉妬してたらしい。
鈴羽も本音ではこの時代の阿万音由季にベタベタしたいとw
そういや鈴羽って由季の事を「か……由季さんが」と「母さん」と言いかけて「由季」と言いなす癖があったんだよね。
それで口論になったけど、2人がはぐれた時の記憶が食い違ってた。

かがりは鈴羽と一緒に歩いていたら鈴羽がいなくなったと主張。
しかし鈴羽にはそんな記憶はなかった。
どうもかがりも異なる世界線の記憶を保持してるっぽいですね。
ゲーム版ではこんな展開はなかった。
コメントでは記憶改竄とか洗脳って声が多かった。

そこで岡部はブラウン氏にかがりの症状の手がかりを聞いてた。
ブラウン氏はブレインウォッシングの可能性を挙げた。
一方、萌郁はかがりの手がかりとして、かがりが発見された場所の近郊にそれらしき施設を発見。

岡部は萌郁と一緒にその施設を捜索。
施設は廃墟化してた。
偽装してたけど、誰かが最近まで使っていた痕跡があった。
ガラスや破片は新しかったのが根拠と萌郁が指摘。
この世界線の萌郁は頼りなげなα世界線の萌郁とは明らかに違う。
でも原作小説だとラウンダーではあるんだよね。
一方、ゲーム版のかがりルートでは萌郁の正体は不明だったはず。

かがりはまゆりから7月7日のパーティの誘いを受けてた。
まゆりはサプライズのつもりでかがりに事情を伏せてたけど、あっさり見破られていた。
ママがもったいぶる時はパーティだと指摘。
未来のまゆりは過去のまゆりと性格が余り変わってないんだね。

かがりは通りすがりの宣伝車の音楽を聞いて、未来の記憶を思い出していた。
かがりは戦争のトラウマを治す治療を受けていた。
ここは「あやしい」って弾幕になってた。
それには老人とK6205アマデウスシステムのカルテが断片的に写っていた。
老人は未来のレスキネンですね。
「何キネンなんだ」とツッコまれてたw
そしてかがりは「かみさまのこえが……」と呟いていなくなってしまった。
この音楽は第12話のタバコ屋の前で聞いたのと同じメロディだった。
このメロディがトリガーとなって何かの命令を実行するよう洗脳されてんでしょうね。

今回はEDに被せて岡部&萌郁の捜索の続きが描かれていた。
岡部達は「ママに会いたい」というメッセージが大量にかかれた壁を発見。
どうもかがりを監禁していた、または入院させていた場所らしい。
廃墟の外観や内装から言って入院かな。
でも、ただの入院で壁に「会いたい」なんて大量にラクガキしないよね。
コメントでは、なんで偽装しなかったとツッコまれてた。
確かにw

アンケートは「とても」が91.0%「まあまあ」が5.5%、計96.5%が「良かった」だった。
シュタインズゲートゼロ第13話
面白そうな引きの割りには低かった。
それでも90%は超えてるけどね。

One Response to “シュタインズゲートゼロ第13話「回折叙唱のマザーグース」かがりの幼児退行と洗脳”

  1. シュタインズ・ゲート ゼロ TokyoMX(7/04)#13

    第13話 回析叙唱のマザーグース まゆりと暮らした未来の記憶を取り戻したかがり。6歳の頃に戻ってまゆりに甘えていた。2038年に6歳だったかがりは鈴羽とタイムマシンで移動1998年に…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)