シュタインズゲートゼロ第22話「投企のリナシメント」紅莉栖の破棄

シュタインズゲートゼロ第22話「投企のリナシメント」は、何とアマデウスの紅莉栖のデータを破棄するエピソードだった。
これにより、紅莉栖のタイムマシンの記憶がロシアに渡らなくなるらしい。

アバンは岡部がタイムマシン爆破後に放心してた。
それがアトラクタフィールドの収束かもしれないと。
また、まゆりをタイムマシンに乗せない方法を取っても別の何かが起きるかもと。
実際、α世界線でまゆりの死を回避しようと試行錯誤しても結局色んな死因で死んでたんだよね。

心が折れかけてた岡部に比屋定は紅莉栖と共に「協力は惜しまない」と訴えた。
すると岡部はまたまた鳳凰院凶魔に戻ってエラソーに作戦会議を始めた。
そのアレな姿に、比屋定も紅莉栖も引きまくってて吹いたw
例の架空の電話を見て「誰と話してる」「恥ずかしいと思わないの?」とかw
でもこの時点の岡部はそういう自分を恥ずかしいと思ってたw
「マジレス」とか「やめて」とか「前回の感動を返せ」などとツッコまれてたw
何か完全な覚醒ではないですね。
もっとも原作やゲームでも覚醒後の実際のやり取りは描かれてないので、同じかもだけど。

状況を整理するとレスキネンはかがりからタイムマシンの知識を聞いていたが、
ロシアがその知識を手に入れたのはどうしてかが問題だった。
それを解説する比屋定がホワイトボードに届かなくて背伸びするネタをやってたw
小さい子扱いして脇を抱えて持ち上げたので、岡部もダルも殴られたw

岡部はロシア絡みで中鉢博士の亡命を思い出してた。
つまり紅莉栖の論文がロシアに渡り、ロシアはタイムマシンの理論を手に入れた。
しかしタイムマシンの完成はしてない。
完成してるなら世界は既にロシアに都合良く改変されている。
なので不足する情報を紅莉栖の記憶データから見出そうとしたと。
更に第7話で紅莉栖が「助けて」と電話をかけた時に世界線変動が起きたのを思い出してた。
この世界線変動の理由は原作でもゲームでも描かれてなかった。
これはロシアがアマデウスのハッキングに成功してたんですね。
タイムマシンの情報を手に入れたのならβ世界線とも異なる変動が起きるはずで、
たぶんアメリカに情報を渡さない為に紅莉栖に細工しただけ。
それが、α世界線への変動となった。
でも第8話で描かれていたのは、紅莉栖がラボに引き返したのが
セルンのDメール送信ログの削除中止を招いていたって事。

ロシアがアマデウスの紅莉栖へハッキング→α世界線の紅莉栖の行動が変わる
っていう繋がりがよくわからない……。

これを防ぐ為に去年の春に保存した最も古い紅莉栖のデータの廃棄を考案。
しかも紅莉栖自らの発案だった。
ただしDメールは去年の夏までしか遡れない。
と思いきや、ダルがこっそりD-RINEを作っていた。
D-RINEだと去年の正月まで遡れるらしい。
これはさすがに御都合主義的に感じる……。
D-RINEだとセルンに補足されないというのは謎。
電話レンジで過去に送信できるのは最大2週間じゃなかったっけ……。
まあ最大時間は忘れたけど、少なくとも去年の春まで戻れるようなものじゃないはず。

思い出したけど、るか子は生まれる前の母親のポケベルに送信してたね。
じゃあ2週間なんてのは間違いだった。

データを破棄するとアマデウスの紅莉栖も存在しなかった事になる。
それで岡部は破棄計画を躊躇してしまう。
つまり、α世界線でやったのと似たようなシーンをやってた。
そもそも紅莉栖を消したらβ世界線の今までの出来事がなかった事になる。
すると比屋定がラボに来ない歴史改変が起きてもおかしくない。
比屋定が日本に来たのはアマデウスの公演の為なので。
もちろん比屋定の記憶のみを保存してアマデウスは存続し、やはり日本に来るのかもしれないけど。

結局は紅莉栖自身の願いで記憶データを消す事になった。
紅莉栖は「私はプログラムに過ぎない」と説得していた。
岡部の躊躇はα世界線でも同様に紅莉栖を偽性にした後悔の念が原因だった。
しかし「あなたは覚えてくれる」と紅莉栖は返答。
この台詞はα世界線の紅莉栖と似た台詞のはずで、そのせいか岡部はハッとしていた。

そして最後はED(正確にはAmadeusの2番)に被せて比屋定の権限で紅莉栖のデータを破棄してた。
正確には破棄する命令を記録したファイルを過去のダルのD-RINEに転送。
比屋定は泣きながらそのファイルの送信を開始。
世界線変動の目眩のような演出があり、ダイバージェンスも1.123581と明確に表示されてた。
この数値は原作やゲームにはないダイバージェンス。

アンケートは「とても」が94.2%「まあまあ」が3.1%、計が「良かった」だった。
シュタインズゲートゼロ第22話アンケート
「泣いた」とか「神回」って言われてた。
感想と関係ないけど、今回なぜかコメントが二重化してた。

“シュタインズゲートゼロ第22話「投企のリナシメント」紅莉栖の破棄” への1件のコメント

  1. シュタインズ・ゲート ゼロ TokyoMX(9/19)#22

    第22話 投企のリナシメントどうしてもタイムマシンが破壊される。鈴羽とまゆりを救えない、世界線の収束条件なのだろうか。落ち込むオカリンをアマデウス紅莉栖が励ます。比屋定も…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)