『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

未来ガジェット電波局第7回関智一

冒頭の寸劇は、シュタゲアニメ版12話あたりを見てる、とメタ的なことを言ってる。
で、Dメール実験を始めるとオカリンが主張。
ルカが女の子になりたいと言い出し、ポケベルメッセージを送るとダルが女の子になってしまう。
するとリーディングシュタイナーが発動し、ダルがオカリンに迫るっていう、前回と同じ展開w

本編ゲストは関智一。
ミンゴスが昔お世話になった先輩だって。

ダルの役を聞いたとき、最初「やりますか?」と聞かれた。
普段は聞かれないらしい。

ダルは声優人生の中で一番難解だったとか。
言ってる内容がわからないので会議してたとか。

CDドラマでスイッチが入ってイッちゃった感じでやってたとか。
で、その乗りでアニメ1話をやったら「OAに支障が出る」と言われたらしいw
収録現場では関智一のアドリブが女性陣に大受けらしく、CDドラマでその乗りを持ち込んだらしい。
ドラマCDってあまり興味ないけど、これは聞いてみたいな。
でも、本人はマジメにやってるんだって。

ラボメンズセンシスは、関智一が負けた。
ミンゴスの「手の動きヤメなさい」ってくだりが笑ったw

オカリン度チェックは、なぜか10点つけまくり。

ダルの下ネタにアドリブ入れた収録の話で、ミンゴスが「下の下の下でした」と言ったら「ゲゲゲの関さん」ってあだ名がついてたw

ラストのモノマネはなんとまゆしーのマネ。
関智一が「まゆしーだよぉ?」とか言ってんのw

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)