『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー 声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

アニメ テラフォーマーズ第4話「全面戦争」の感想

アバンはまた「酒場」のシーンで、
この酒場に何かあるんですかね。
前回の火星のゴキブリとの戦いのシーンの続きから
始めればいいのにと思うのですが。
それとゴキブリを足で踏み潰して粉々にするシーンを入れてるし。
「このシーン要るか?」と思います。
ゴキブリが脱出機に乗り込んでも、その乗員はみんな見てるだけ。
誰もゴキブリと戦おうとしないのがちょっと不思議。
女の隊員「シーラ」が網を投じて捕獲してるけど、
なんでこんな泣き虫キャラが隊員になったのかも不思議。
しかしシーラはあっさり殺されます。
このシーンは全体的に真っ暗で、規制ですかね……。
でもシーラの胸に穴が空いてるカットは規制なし。
主要キャラっぽいのにあっさり。
ただし、シーラが死ぬシーンはかなり尺を割いてました。
このシーンで、ゴキブリがバグズ手術を行って能力強化していたと判明。
これは実は20年前のバグズ2号のクルーの能力と、艦長が判断してます。
前回も裏切り者がいると言ってたので、これも裏切り者の仕業でしょうね。
後半では、バグズ手術に変わるモザイクオーガンという
手術の説明でかなり尺を割いてました。
そして、その手術を受けたシーラの幼なじみの男が、
大量のゴキブリ達を次々に斬殺。
ゴキブリの首が跳ねてるシーンは規制なしでした。
最後にシーラの回想が出てましたが、なぜこれを先に見せないのかと。
シーラが「いい子」だったという回想を死んだあとで見せても、
シーラが死ぬシーンが活きないと思うのですが。
今回「全面戦争」というサブタイトルですが、
全然「全面戦争」は起きてません。
シーラが死に、男が一方的にゴキブリ達を殺していただけです。
もっと色んな超人的な格闘シーンが次々に出てくるのを想像してたのに。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)