とある魔術の禁書目録3期第18話「独立国同盟」サーシャ争奪戦

とある魔術の禁書目録3期第18話「独立国同盟」は、上条、フィアンマ、達が集結してた。
毎度の詰め込みっぷりに、話を把握するのがしんどいw

ロシアの宣戦布告

アバンはロシアが学園都市に宣戦布告するスピーチをしてた。
その理屈は、学園都市の無秩序な科学技術が各地に紛争をもたらしていると。
似てないけどプーチンとツッコまれてた。
壇上にフィアンマもいた。
学園都市が返答しなかったら核ミサイルを学園都市に落とすと宣言。

今話から新OPになってた。
3クールだっけ?
その中間って事でしょうね。

浜面もロシアへ来ていた

OP明けで浜面が滝壺と車で逃走し続けていた。
物資調達に強盗しようとしたら、たまたま別の強盗がいたので倒してた。
その礼として物資を貰ってたw
なんだこの展開はw

その後、浜面は行きずりの男に滝壺の為に医者を紹介する代わりにガソリンを要求され、応じた。

一方通行はラストオーダーと一緒

一方通行はラストオーダーと一緒に列車に乗ってた。
どんな成り行きなのか不明。
一方通行は追って来た白いロボットに応戦してた。
まあ、あっさり倒したのだろうけど、暗転して描かれてない。

上条はレッサーと一緒

一方、上条がロシアの都市を歩いてた。
なぜか一緒にレッサーがいた。
レッサーは押しかけて勝手に付いてきたらしい。
上条のロシア入りの情報がイギリスにバレていた。
これも理由不明。

上条は店で買った地図に軍事施設が載ってたので、
「重要だと思われたくない=本当は重要」という理屈でその施設に向かってた。
これも描写は無く、施設内で魔術的なアイテムの搬入ルートを突き止めたらしい。

キャーリサVSフランス

イギリス清教側はドーバー海峡を船で渡ってた。
フランスは海を一面、凍結させた。
そこにキャーリサが助っ人として現れた。
「もう少しでロンドン」と言ってたので、帰国途中?
何をしてたのか、どこへ向かってたのか、よくわからない……。

上条はフィアンマの潜伏先を突き止めた

レッサーは列車内で上条を誘惑しようとしてた。
上条は誘惑には乗らずじまい。
上条と小作りすればイギリスの尖兵ができあがると、たぶん本気で言ってるw

上条はフィアンマの潜伏先を突き止めて潜入。
これもあっさり潜入していた。
どんなエスピオナージだよw

フィアンマは何者かと通信していた。
「プロジェクト・ベツレヘム」を口走ってた。
上条達の潜伏に気付いてなかった。
「ガバガバ」とツッコまれてた。
エリザリーナ独立国同盟について交信していた。
サーシャ・クロイツフェルを見つけられなかったとも。

エリザリーナ独立国同盟との取引

上条の携帯のスマホにはゲコ太ストラップが付いてた。
それは美琴のストラップと同じだった。
どうも上条がロシアに経つ前に美琴が渡したらしい。
レッサーは「女の臭いがする」とからかってたけど、
その時はエリザリーナの衛兵に囲まれていたところだった。

そして、エリザリーナと直接面会していた。
どんな交渉力なんだ……。
てか、学園都市が裏で手を回してる?

エリザリーナはサーシャを学園都市に渡し、
フィアンマとの戦いの後に取り戻す交渉に応じた。

そこにフィアンマが現れ、教会ごと破壊。
右手から光の剣が出てたけど、上条がイマジンブレーカーで消した。
フィアンマは上条を「メインディッシュ」呼ばわりしていた。
てか、上条は何でも消すんで本音は戦いたくないんだろうね。
上条は消すことしかできないんで、最後の1人になれば防戦するしかないはず。
そして持久戦に持ち込めばフィアンマが勝てそう。

その時、サーシャが上空からフィアンマに奇襲をかけた。
しかしフィアンマをそれを予期し、あっさり払い落とした。
更に前方のヴェントまで現れた。

一方通行はたまたまエリザリーナに来ていた

その頃、一方通行も遅れてエリザリーナに到着らしい。
一方通行曰く、列車の終着点に行ってみただけ。
破壊された基地から「エイワスが言ってた物」を手に入れていた。
とある魔術の禁書目録3期第18話エイワスが言ってた物

最後はマスクの女の子が「第1位を殺しに来た」と戦闘機から落下という引き。
一方通行のことだよね。

アンケートは「とても」が49.7%「まあまあ」が19.4%、計69.1%が「良かった」だった。
とある魔術の禁書目録3期第18話アンケート
さすがに結末回と思ったら、まだ続くのか……。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)