KADOKAWA【最大50%OFF】Kindle秋の読書フェア10月17日まで

とある科学の超電磁砲第7巻 レベルシフト計画の破綻

とある科学の超電磁砲第7巻は上条VS一方通行の後半戦と、大覇星祭の前半。


前巻のラストで上条は一方通行にやられて大量に出血して気絶。
アニメでここまで血が出てたかなって量なので死んでそうな印象。

一方通行はプラズマを発生させた。
しかしシスターズが風車を利用して風でプラズマを攪乱。
それで一方通行は現場にいた9982号と御坂を殺そうとした。
そこに気絶してたはずの上条が立ち上がり、一方通行をぶん殴って倒した。
とあるシリーズの敵役って揃って上条のパンチに弱いんだよね。
能力に依存してるので物理格闘には弱いんだろうかw
謎の驚異的な回復力で立ち上がる上条も不可解。
まあ主人公補正で終わる話だけど、
何らかの回復系超能力という設定かなとも思う。

エピローグとして上条のお見舞に買ったクッキーを持ってったら、
手作りが良かったと軽口を叩かれたので、
御坂は佐天の自宅を借りて手作りクッキーを作ってた。
でも帰宅中の上条とバッタリ会って、渡しそびれてた。
にも関わらず、上条に「御坂」と呼ばれてどうも喜んでたらしい。
顔は描かれず、背後だけ。
それを黒子が見て驚いていたという状況。
ただ「今まで見た事がない表情」をしてたらしいので、単純に嬉しそうな顔ではないね。

後半は婚后光子と御坂が親しくなるエピソードから、大覇星祭で二人三脚をやるまで。

常盤台中学の理事長の孫の海原光貴っていうイケメンに御坂がまとわりつかれてた。
こんなキャラいたっけ……。
アニメ版の過去の感想を読み直すと、第1期の超電磁砲は第17話までしか残ってなかった。
最終話まで感想を書いてたはずなんだけど……。
元の無料ブログからエクスポートする時に設置を間違えたかな……。

海原は御坂の苦手なタイプで、逃れる為にたまたま遭遇した婚后と「待ち合わせ」のふりをして逃げた。

これをきっかけにペットショップで買い物してたけど、
エカテリーナちゃんの餌としてマウスの死体を買ってたので御坂は引いてたw
御坂としてはお礼がてら転校生の婚后に町を案内してた。
てか、何か意気投合するような気が合ったんだろうね。
と言うのも、後日学内で再会して一緒に帰ろうとして断られ、ちょっと落ち込んでたから。

婚后は学内で「派閥」を作ろうとする。
でもコミュ障なのか上手く行かないw
落ち込んでたところで御坂が落とし物を渡しに来たのだけど、
婚后は自分の派閥は諦めて、御坂の派閥に入ると申し入れた。
御坂は派閥には興味なく、ただの友達としてなら自然に繋がりはできると。

そんな御坂が図書室で食蜂操祈に絡まれてた。
食蜂は「裏番長」呼ばわりで貶してたw
正直、そういうポジションではあるw
食蜂は周囲の生徒を一瞬で洗脳して御坂に宣戦布告。
食蜂の言い分は「テリトリーに手を出すな」と。
じゃあ婚后を狙ってたのかなという印象だったけど、
特に何も無くて大覇星祭で二人三脚してるんだよね。

それから初春と佐天が虹の根元に行くエピソード。
これはジャッジメントの仕事での失態に落ち込んでた初春を元気づけようとしてただけ。
その失態がなんなのかよくわからない。
アニメのエピソードも忘れてるし。
とある魔術の方なんだろうかと思って過去記事を読むと、
こっちも第11話までしか残ってない。
魔術の方も2期まで全部書いたはずなんだけどな……。
過去記事の消失に気付いて、がっくり。
まあNetflixで配信してると気付いたし、3期に合わせて再視聴しようと思う。
内容忘れてるのもあるし。

ラストは大覇星祭の二人三脚の下りで終わり。
黒子が車椅子に乗ってたけど、これが初春のミスのはず。

二人三脚は御坂と婚后ペアが1位。
ただし能力バトルも絡めてた。
直接戦うのではなく能力で妨害する程度。

その後、佐天を見て「おまえは」と驚く女がいた。
佐天もどこかで会った気がすると。
この女は通話相手に「アステカのお嬢さん」と呼ばれていた。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)