とある科学の超電磁砲T第20話「Ha det bra」作りすぎたカレー

とある科学の超電磁砲T第20話「Ha det bra」は、フレンダVS弓箭の顛末回。
原作第12巻82話~83話まで。

弓箭は嗜虐ハンター

アバンは前話の繰り返しで、フレンダが狙撃されて物陰に隠れてた。
しかし麦野に連絡しようとしてスマホも狙撃されてた。
初見だとホーミングしてると思ったけど、
フレンダが見える角度から撃っただけ。

弓箭はフレンダの血を舐めて追跡の手がかりにしてた。
弓箭の狙撃は服の内部に隠した狙撃銃でやってた。
この解説シーンはオリ要素。
原作だとよくわからなかった。
袖口に何かあるなって程度。
手を向ける必要があるんで、
ポーズ変とか不自然とツッコまれてた。

フレンダはデパートに入って人混みに紛れた。
フレンダは傷口に止血剤塗ってた。
ワサビってツッコまれてた。
と思いきや、また狙撃された。
弓箭もまた、人混みに紛れて狙撃するタイプで逆効果だった。

人に携帯借りても、そいつが狙撃されるだけ。
ハンターには完璧な仕事をするのと、
獲物を追い込む嗜虐タイプがいる。
フレンダも弓箭も嗜虐タイプ
だから敢えてスマホしか狙わなかったんですね。
愉悦部ってツッコまれてた。

ゴルフバッグ男

フレンダは商品棚に隠れてた。
そして通りすがりのメガネのデブ男を跳び蹴りかました。
そいつが狙撃者。
……ではなかったw
ゴルフバッグにあるはずの狙撃銃はなかった。
……ので、フレンダは股間を蹴って逃げたw
ご褒美とか、ありがとうございますって弾幕になってたw

小萌と姫神がいたのもオリ要素。
原作だとただのモブJK。
そこにさっきのゴルフバッグ男が通りかかって、粘着床に足を取られてた。

二手に別れましょう

フレンダは追っ手が罠を回避する能力がわからなかった。
対抗手段も思いつかなかった。
弓箭はフレンダの足を撃とうとしてた。
そこに弓箭のクラスメイトが通りかかった。
でもクラスメイトは全っっったく気付かなかったw
スルーとか、ぼっちwとツッコまれてた。
動揺したせいで、フレンダを逃がしてしまった。

フレンダは佐天と別れて囮にしようと考えてた。
なのに佐天の方から二手に別れようと言い出した。
……ので、フレンダは思わず怒ってた。
佐天1人で逃げても、捕まったら情報聞き出して処分されると。
佐天は足が震えつつも、かけっこには自信があると答えた。
アニメだと足の震えは分かりづらかった。
たぶん、処分って聞いて急に怖くなったんでしょうね。
直前の会話ではまだ怯えてる感じじゃないんで。
フレンダはむしろ立派な戦力と佐天を認めてた。

マヌケは見つかった

弓箭は黒毛(佐天)が立ち止まってると気付いた。
弓箭の能力だと逆走すると追跡できないらしい。
それを追跡者の特定が狙いと察して、ぼっち客の演技をしてた。
さりげに佐天に接近して、大量に人形を抱えてると気付いた。
弓箭だけがそれを爆弾だと思ってた。
しかも佐天は人形を落っことした。
……ので、弓箭は思わず柱に隠れて身構えた
フレンダは追っ手を特定して跳び蹴り食らわせてた。
マヌケは見つかったとツッコまれてた。
(ジョジョ3部のネタ)

フレンダは邪神ちゃんってツッコまれてた。
格闘技術はフレンダが上ぽい。
でも負傷のダメージで動きが悪かった。

回想になって、佐天に人形渡してた。
フレンダは戦闘になったら逃げるよう指示してた。
もし人質になったら見捨てると。
佐天はサバ缶大量買いしてると訴えた。
1人じゃ食べきれないと。
餌付けってツッコまれてた。
ここでフレンダは返答しなかった。
これが佐天が見たフレンダの最後の姿って指摘があった。
禁書3期でフレ/ンダになるの、この後なんだよね。

Ha det bra

フレンダは弓箭に倒された。
と思いきや、いつの間にか周囲に爆弾設置済み。
「もう巻き込まれないわよね」と、時間稼ぎしてたらしい。
そして一気に起爆させた。
切嗣みたいとか、美琴戦でもやってたとツッコまれてた。

弓箭はフレンダが煙に紛れるつもりと読み間違えてた。
酸欠になって、慌てて割れた窓に寄ってた。
フレンダはそこで待ってた。
呼吸しようと口を開けた弓箭に、爆弾突っ込んでた
更に足払いしてビルの外に落としつつ、人形爆弾をも落として起爆。
えぐいって突っ込まれてた。

遺体は見つからなかった

暗転後、佐天が事情聴取受けてた。
佐天はアンチスキルの宿泊施設に泊ることになった。
デパートの現場では遺体は見つからなかった
つまり弓箭も生きてるってこと。
その後、佐天のスマホにフレンダからのメッセージが来てた。
一週間後にサバカレー食べに行くと約束してた。
恐らく、佐天はフレンダのことを言わなかったはず。
フレンダも自分がマークされてないことを理解した。
だから、佐天の家に行くとメッセージを送ったんでしょ。
佐天はかなり喜んでた。
こんな喜びっぷり、レベルアッパーで能力者になった時以来?
かわいいって総ツッコミだった。

ピンセットが優先

垣根帝督はピンセットの情報を集めてた。
霧が丘女学園近くの研究施設で使用されると突き止めてた。
弓箭も生きてた。
しかしマスク越しに電子音で喋ってた。
弓箭はクソリア充を狩る機会を訴えてた。
同じ臭いがしたとか、これって友情とか謎理論語ってた。
サイコレズとかヤンデレとツッコまれてた。
垣根帝督は切れるのは当然と理解を示しつつも、ピンセットを優先させようとした。
それでも弓箭は折れないんで「あと何秒時間を割けばいいんだ」と凄んだ。
誉望は急に吐きそうになって退室してた。
弓箭は椅子を蹴って退室した。
垣根は「スペアの候補はいただろ」と指示してた。
これが禁書3期のスナイパー砂皿。

Ha det bra

最後は佐天が自宅でカレー作って待ってた。
でもフレンダは音沙汰無しで来なかった。
すでに死んでるんだよね。
フレ/ンダってツッコまれてた。
……と思いきやチャイムが鳴った。
佐天がテーブルに小指ぶつけるのは原作どおり。
作画が面倒なのに、ちゃんと描いたのかw
しかしそれは初春の警備報告だった。
初春、なぜか負傷してた。
禁書3期第6話で垣根帝督が
ラストオーダーの居場所を吐かせようと、初春を蹴ってた。
いつもの報告なら佐天も初春かもと誤解しないはずで、
予定にないけど警備報告という体で佐天の様子を見たかったんだろうなと……。

アンケートは「とても」が91.2%「まあまあ」が4.4%、計95.6%が「良かった」だった。
とある科学の超電磁砲T第20話アンケート

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)