とある科学の超電磁砲T第4話「改竄」食蜂の罠

とある科学の超電磁砲T第4話「改竄」は、
食蜂に黒子達の記憶を人質に取られるエピソード。
原作マンガ第47話後半~第49話前半まで。

シャドウメタルでDOGEZA

アバンは黒子が美琴と離れてホテルに泊まるので落ち込んでいた。
……と思いきや、大覇星祭が終わったら熱い口づけをとか言って懲りてなかった。
この下りは原作には無いオリ要素。

佐天は競技が終わったグランドに来てた。
シャドウメタルを探してたら、運営委員に捕まってた。
一方、初春はノートPCのデータを見て何かが気になってた。
それは佐天が言ってたウェブサイトが見つからなかったから。
つまり、誰かが意図的にシャドウメタルの噂を撒いて、
頃合いを見て削除したんでしょうね。

美琴と黒子もジャッジメント支部に来てたけど、
そこでちょうど佐天と初春の通信が途絶えた。
美琴は佐天の危機と勘違いして現地に転移し、
運営委員に電撃喰らわしてた。
一応、黒子は「お姉様……」と止めようとしていた。
……しかし、運営委員は能力者のDNAを採取する不届き者を監視してただけ。
美琴と佐天は事情がわかって土下座w
「しり」という弾幕になってた。
「シャドウメタルって見た事ありません?」
と佐天が聞くのはオリ要素。
説教する黒子に「長い奴だ……」と呟くのもオリ要素。
原作だと、無線で聞いてた初春がヘッドセットを置いてるのでわからない。
たぶん「長い奴だ……」って初春も思ったんでしょうね。

初春が知っている顔

初春はパソコンでシャドウメタルの噂を調べてた。
その時、知ってる者の顔写真を発見。
ただし原作でもアニメでも、どんな顔かは描かれてない。
……ところが、ちょうど美琴達が帰ってきたので、調査を中断した。
同じタイミングで手袋した人物がドアを開けるカットが入ってた。
初春が席を外しているうちに、その写真は削除された。
つまり、手袋の人物がデータベースへの侵入に気付いて、写真を削除したんでしょうね。

ナイトパレードのシーンは原作だと1ページで台詞ナシ。
花火はオリ要素だし、「また来よう」と約束するのもオリ要素。
冒頭の黒子が口づけをせがむのは、
原作だとナイトパレードの1コマ。

御坂妹が行方不明

翌日、御坂妹が体操着を返してないと湾内から尋ねられていた。
美琴は慌てて珈琲の染みのせいにして、体操着を弁償していた。
原作にはない、ホテルのベッド寝てるママがわざわざ描かれていた。
しかも、寝言を言う台詞もちゃんとあったw

美琴が都市内の監視カメラを調べると、
御坂妹が救急車で搬送されたと判明。

救急隊員に聞いた病院に聞いても、
御坂妹は運ばれてなかった
救急隊員に聞くと、その時の状況を忘れてた。
なのにカーナビには記録が残ってた。
それは、病院には向かってなかった。
美琴は怒って救急隊員を問い詰めたけど、
そこで食蜂の工作の可能性に気付いた。
椎茸ってツッコまれてた。
(食蜂の目が椎茸状に光っているので)

黒子達と美琴を分断する罠

一方、黒子達は食蜂の罠にかかって記憶操作されていた
人気のない場所に誘導されていたけど、
この時点で既に記憶操作されていた?
そこにスーツ男が来て、盗難に遭ったと注意を引いてた。
そして食蜂が記憶操作した。
一連のシーンは原作どおり。
でも、リモコン1つで容易に記憶改竄できるのに、
罠にハメる意味あるのかなって気はする……。

美琴は騒動のせいで校長に引き取られた。
リムジン車内で説教されていた。
リムジンが到着すると、そこには都合良く食蜂派閥がいた。
校長は食蜂派に美琴を監視するよう頼んでた
帰宅する車内では運転手も校長も、目が椎茸になっていた。
つまり、2人とも食蜂に操られていた。
派閥達は目が普通なので、操られてはいない。
普通に頼まれてるだけですね。
原作でも同様に目は普通。

そこに黒子達が通りかかったので、
知り合いと会うという口実で何かを頼もうとしてた。
ところが、黒子も佐天も初春も美琴を忘れていた
黒子は記憶が無い方がいいとツッコまれてたw
確かに、この時の黒子は普通に気位が高めなお嬢さま感があるんだよね。

アンケートは「とても」が87.9%「まあまあ」が7.5%、計95.4%が「良かった」だった。
とある科学の超電磁砲T第4話アンケート

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)