Silky heart歌詞考察

My silky Love  24時間ずっと
My silky Love  キミのこと思うたび
My silky Love  もどかしいこの気持ち
My silky Love  ただ溢れかえってく

歌手が実乃梨役の堀江由衣さんなので、実乃梨の心情だと思います。

スキと 言えば 簡単なのに
キミが 前に来ちゃうと
キャラがそびえ 私のコトを邪魔してる

「キャラがそびえる」のも、実乃梨が一番当てはまりそうです。

いつも ならば 強気でイケる
そんな 性格なのに
どんな 頑張ってみても 壁は崩せない

壁とは心の壁のことで、ペルソナである強気キャラと、本心とが乖離していることを壁と言ってるんだと思います。

察して欲しい この気持ちを
だから私は いつもキミに
大好きだよ 送る視線
最大の勇気で

自分がアピールできるのは視線だけと言ってますが、
実乃梨が視線でアピールしているシーンは無かったと思うので、
このあたりの歌詞は実乃梨のイメージはないです。
どちらかと言うと、亜美っぽいイメージです。

破れそうな シルクのハート
キミに逢って 気づいた やっと
愛には不器用だったんだって

前期のOPテーマは傷つきやすい心をプレパラートに例えていましたが、
シルクのハートも同じ意味だと思います。
愛に不器用というのは、大河や実乃梨には当てはまりますが、亜美には当てはまりそうにないです。
ただし、亜美のやり方は竜児には通用しなかっただけで。

忘れかけた 恋の傷跡
急に疼きだしたの キュンと
いつかは私らしく好きと
言わなきゃ今より弱くなっちゃうよ

恋の傷跡とは失恋のことだと思います。
「いつかは好きと言わなきゃ」と自戒しているのは、
好きと言わないままに失恋した経験があって、それを後悔してるんだと思います。
実乃梨は竜児が初恋だし、大河はビクビクしつつも好きと言うだろうし、亜美は竜児に「好きになってくれる?」と迫るシーンがあるくらいだからはっきり言うだろうし、当てはまりそうなキャラはいません。

実乃梨をモデルにしてイメージを膨らませたんだと思います。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)