バチカン奇跡調査官第8話「死ぬ事によってのみ、永遠の生命に蘇る事を深く悟れ」ヨハネの正体と予言絵画の真相

バチカン奇跡調査官第8話「死ぬ事によってのみ、永遠の生命に蘇る事を深く悟れ」は、
ヨハネの死体が腐らない理由を科学的に突き止める解明編。

平賀はヨハネの死体が腐らないのは奇跡と主張。
ロベルトは奇跡じゃないと言い張り、
稀覯本研究に没頭していたらしい。
それで、もうロベルトとは一緒にいられないとまで言ってた。
第7話ラストでなぜか急にヨハネの死体は奇跡じゃないと言い出したんだよね。
ただしこれは、ジュリアを欺く為の演技だった。
何の為の演技だったのかは描かれてない。
恐らく、死体が腐らない理由を突き止めるのに必要だったのだろうけど……。

ヨハネの予言を解釈をしていたキッド神父は、
最後の予言としてジンバホの火山噴火を主張。
これは世界中に生中継されていた。
そこにロベルトが割って入って、キッドの解釈を次々に論破。

極めつけはヨハネの腐らない死体の仕組みを暴いた事。

ヨハネの本名はブローノという名で実はロベルトの父だった。
ロベルトは無意識に過去のトラウマの記憶を封じてたらしい。
第7話で「目が開かれた」という幻覚を見たのは、
過去のトラウマ記憶が蘇り、ヨハネの正体が父とわかったという意味だった。

それがヨハネの死体を初めて見た時の体調不良の原因だった訳だ。
なので、ヨハネの予言絵画は奇跡なんかじゃないと断言。
それはロベルトの父が母を絞殺した記憶が根拠。
アメリカ人旅行者の死を予言した絵画は、
単にブローノが母を殺した時の記憶を描いただけと。
でも他にも4000点以上の絵画がある訳で、
それらの絵画の由来は何だったんだろう……。
もっとも予言と言える絵画はわずか数十点にすぎないし、
後解釈でこじつけただけと指摘していた。
この辺の推理もこじつけ臭いけど、
図星を突かれたキッドは動揺してしまい、
ロベルトの推理の正しさを裏付けていたw

また猿の血液から発見された微生物が腐らない理由だった。
この微生物に感染すると皮膚がゴムのようになり、死体が腐らなくなると。
ここはノックスの十戒に反すると批判されてた。
まあ本格推理物って訳でもないしね……。
一応、稀覯本に死体が腐らない方法が載ってたし、
それは猿の血を使う物だという説明は第7話であったけどね。
なので猿の血に秘密がある程度の伏線は張られていた。

キッド神父は全てはジュリア司祭の計画だと証言。
なぜかオリオラという下男がジュリアを殺してた。
オリオラは行方不明で後に首吊り死体として発見された。

平賀はジュリアの部屋の肖像画から、隠し階段をあっさり発見。
ここからはダイジェスト感とも言われてた。
例によって1枚絵のスクロールが頻用されてた。
物語展開のテンポも急にスピードアップし、
ギャグのテンポとも言われていたw
確かにシリアスに感じる間ってあるんだよね。
それよりも間が短いとコントとかギャグの間に感じてしまう。
進撃の巨人第2期は妙に間を持たせて笑いにくいシーンが多かったし。

地下にはバルボアナの紋章が入ったティーカップがあり、
成人男性らしき人物がいた形跡があり、
幼児のラクガキのような物もあった。
合わせて考えると、どうも外界と隔離されて育った人間がいた様子。
故に知能が幼児のままと……。

更に大量の心臓の標本があり、
奥のベッドでは女性アメリカ人旅行者の血痕も発見。
どうやらガルドームという黒魔術の儀式が行われ、
永遠の命を手に入れようとした者がいたらしい。

ジュリアの部屋に戻ると、ジュリアの死体の爪のクレヨンの痕跡から、
この死体が替え玉だとロベルトが指摘。
恐らく儀式をやったのが本物のジュリアで、
替え玉を殺して自分は死んだように見せかけてる。
でもクレヨンの跡に気付かずあっさり見破られてるw
この時点では死体はオリオラかと思った。
オリオラはろくに口も聞かなかったから、
幼児並の知能しかないとも解釈できるし。
でも、オリオラは首吊り死体となって発見されるので違った。

最後は急にシーンが変わってバチカンで司祭から説教されてた。
こういう急なシーン展開もダイジェスト版って印象なんだよね。
世界中に配信されていた予言絵画の真相暴露の責任を問われてた。
という事は、予言絵画自体はバチカンが承認してたんですかね。
ロベルトと平賀はお互いに庇い合って、仲が良いと揶揄されてた。
で、罪の償いはバチカンに貢献するようにと命じられただけ。
結局、不問にするんじゃんw

回収されなかった伏線は以下の通り。

・アメリカ人旅行者の胎児は行方不明のまま
・ジュリアの替え玉死体の正体も謎のまま
・火山の噴火の予言は土地の買い占めを狙ってた組織が背後にいるらしい
・バルボアナ家の正体と今回の事件への関与の有無
・稀覯本の中の呪いの本は本当にあったのか
・ジュリアの背中の鞭打ちの傷の真相

“バチカン奇跡調査官第8話「死ぬ事によってのみ、永遠の生命に蘇る事を深く悟れ」ヨハネの正体と予言絵画の真相” への2件のフィードバック

  1. バチカン奇跡調査官 TokyoMX(9/01)#08

    VIII. 死ぬことによってのみ、永遠の生命によみがえることを深く悟れ ジュリア司祭にサムソン神父の死を報告する平賀。 僕はもう、ロベルトとは共に働けません。 ヨハネの最後の予言…

  2. バチカン奇跡調査官【第8話 死ぬことによってのみ、永遠の生命によみがえることを深く悟れ】感想

    ☆第8話 死ぬことによってのみ、永遠の生命によみがえることを深く悟れ  「腐らない遺体」の話の続き。今回は解決編です。 ヨハネの遺体は奇跡なのか? 予言通り神父が殺されたがそ…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)