『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

処刑少女の生きる道第10話「迷い人の娘」禁忌になれた

処刑少女の生きる道第10話「迷い人の娘」は、
マノンがヒューマンエラーと成り果てるエピソード。
副題はマノンのこと。

アバンの前回のダイジェストで、
いつもはメノウのモノローグで終わるのに、
今回は未来アカリも引き続き語ってた。
そしてダイジェストに前回の続きがスムースにつながる、という珍しい演出だった。

マノンはアカリが時間遡行してると知ってた。
パンデモニウムが教えてくれたから。
OP後、メノウが城に潜入してた。
マノンがパンデモニウムを解放した。
アカリは信じなかった。
嘘だとマノンも認めた。
マノンの母も迷い人。
意図的召喚ではなく、偶然に転移した。
フォースは純粋概念を持つ異世界人を手に入れて喜んだ。
異世界人は力の行使で記憶を失う。
だから父は力の行使をさせなかった。
母はマノンには姉がいると教えた。
そのとき、フレアが母を処刑した。
力を使うと子も死ぬと脅した。
導力:接続?

処刑少女の生きる道第10話母の導力

母は力を使わず、そのまま死んだ。
自分の死を無効にできる力だよね?
言いなりになったのは、処刑人はマノンを殺さないと確信してたから?

でもマノンに母の復讐をするつもりはないらしい。
異世界人が危険なのは理解してる。
マノンは能力を受け継がなかった。
だからフォースたちに役立たずと罵られて育った。
歪んで当然と自覚してた。
彼らの望む禁忌の力を手に入れた。
それが下らないことを示す為に。

今回、マノンは初めて力を手に入れたとアカリは察した。
だから今までの回帰にないことが起きた。
であれば、アカリを邪魔する誰かが介入してるのでは?
マノンが床に魔法陣?を描くと、アカリの時間停止をはねのけた。
フォースたちは黒い霧になった。
アカリの時間停止よりも力が強い。
ガレムの教会でも力が通じない白い雫が降ったとアカリは思い出した。
メノウが現れて、アカリを抱えて逃走した。

アカリはメノウに未来アカリとバレるのを恐れてた。
アカリが泣いてたの、久々にメノウに会ったからみたい。
メノウは気付いてなかった?
アカリに島から逃げるよう命じた。

メノウがマノンに襲いかかってた。
純粋概念を持つ禁忌は処刑。
これで自由になれたとマノンは語った。
回想が入って、マノンがフレアに殺してと訴えてた。
フレアはマノンは禁忌でないと無視した。
純粋概念は魂に定着する。
子に遺伝しない。
回想が終わりマノンは私は禁忌と喜んでた。

酒場のアーシュナが愚痴ってた。
モモが負傷して来れなくなったとわかってない。
フォースの古参が投降したと伝令が来た。
アーシュナが尋問することにした。

メノウは幻影を見せて、マノンに接近してた。
ナイフと突風の魔導で左腕を飛ばした。
マノンはこれ以上、何も反撃しなかった。
楽しかったと答えた。
私は楽しくなかったとメノウは答えた。
殺したくなかったんですねとマノンは察した。
メノウだって変わっていい。
世界に抗っていい。
アカリは助けてくれる。
メノウは何の話かわかってなかった。
女の子の秘密は守る主義とマノンは誤魔化した。
女の子の秘密=アカリの回帰では?

マノンは自分を生け贄にして幼女を体内に召喚した。
胸から手が出た。
エイリアンとツッコまれてた。

処刑少女の生きる道第10話マノンの胸から腕

マノン曰わくメノウが街に来るずっと前から始まってた。
この子がいたから魔薬を作れた。
この幼女がアイアンメイデンに入れたのと同じ姿の幼女。

処刑少女の生きる道第10話召喚幼女

じゃあアイアンメイデンの子はマノンが召喚した?
母の純粋概念はこの幼女召喚?
母の死の間際、純粋概念の委譲に成功してた?
母の髪は黒い、幼女の髪も黒い。
幼女=母?
マノン母=アカリ母では?
マノンに姉がいる=アカリのことでは?

アカリはシシリア司祭に保護された。
私はまだシシリアを疑ってんだよね……。
マノンがアカリの名を知ってた理由と、
アカリがメノウを助けてくれるとわかっている理由。
シシリアが教えたと解釈するのが辻褄が合う。
パンデモニウム解放もシシリア司祭では?

幼女はマノンに生け贄を捧げてくれたお礼を言った。
メノウはいきなり幼女の首を切った。
その傷口から新たな幼女が召喚された。
桜色の髪の子は元気?と幼女は聞いた。
つまりモモが幼女を助けた記憶がある?
自分が死ぬと自分を生け贄にして幼女を召喚する純粋概念らしい。
つまりアカリと同じ不死身。
メノウはヒューマンエラーと判断した。

古参のフォースはアーシュナに尋問されてた。
メノウに魔薬を盛られたと訴えてた。
魔薬と聞いて、興味なさげだったアーシュナは食いついた。

メノウは幼女の純粋概念を滅ぼすと宣言した。
無理と幼女は嘲笑した。
白の勇者ですら滅ぼせなかったから。
白の勇者=人類史上最高の純粋概念。
世界の守護者になったのに忘れられてる。
だから幼女は、あなたたちが嫌いと煽った。
幼女はB級映画上映会を始めると宣言した。
自分の首を捻って首をもいだ。
そこに召喚された悪魔が集まった。

アーシュナがこの魔導を感じてた。
古参のフォースも赤い液体になった=魔導行使の証拠。
次回はアーシュナ&メノウの共闘くさいですね。

悪魔たちは幼女の体とマノンの体を食った。
悪魔の体内からまた幼女が現れた。
パニック映画の体現者と名乗った。
この世界、本当に映画があるの?
これも異世界人=日本人が持ち込んだ文化?
知識として日本=異世界文化を知ってるだけ?
であれば、幼女=母なのでは?

アンケートは「とても」が85.5%「まあまあ」が6.3%、計91.8%が「良かった」だった。
処刑少女の生きる道第10話アンケート

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)