『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

処刑少女の生きる道第3話「禁忌の【赤】」時間遡行

処刑少女の生きる道第3話「禁忌の【赤】」は、
列車に乗り合わせたテロリストを始末するエピソード。

OPテーマ、ゴブリンスレイヤーとツッコまれてた。
(ゴブスレOPと同じMili)

列車にテロリストが乗ってた。
前話の姫騎士アーシュナも乗ってた。
テロリストの狙いはアーシュナ。
別のテロリストがメノウに経典を置け、服を脱げと命じてた。
メノウちゃんに酷いことしないで。
なぜかアカリが代わりに脱ぎ始めたw
メノウが経典を渡すふりをしてテロリストを倒した。
メノウはまだ仲間がいると他の車輌へ向かった。
アカリは「もう残されるの嫌だから」と忠告した。
「もう?」とメノウは訝しがった。
2周目とツッコまれてた。

モモがすでに仲間を拷問してた。
糸鋸で首を切断すると脅してた。
アーシュナを狙ったテロと自白させた。
テレパシーでメノウも把握した。
モモは機関室へ行こうと屋根に登るとアーシュナ待ってた。
曰わく父王が異端審問にかけられた。
いきなりモモに切りかかった。
異世界人が行方不明。
処刑人が殺したと疑ってた。
処刑人が仕事を終えて王都を出たなら、
ちょうどこの列車に乗ってると読んでた。
前話の泡=導力使いがいると察したのが伏線。
爆炎の魔法をアーシュナが放った。
モモは飛び退いてバリアを張った。
魔法陣に漢字が浮かんでたのは、
和訳ではなく本当に漢字が浮かぶ設定?
であれば、この世界の魔法は日本人が持ち込んだ?

処刑少女の生きる道第3話爆炎という漢字が浮かぶ魔法陣

メノウはモモの代わりに機関室へ向かった。
すでにアーシュナがテロリストを捕縛済みだった。
捕まったテロリストは自爆した。
理の赤石を呑みこんでた。
どうせ縛り首らしい。
赤石が発動してテロリストは溶けた。
代わりに赤い光が現れた。
光は機関室に集まった。
メノウは機関士を逃がした。
赤い光が騎士になった。
技巧はないが力が強いタイプらしい。

モモVSアーシュナはモモがアーシュナを蹴り落とした。
アーシュナはモモの足を掴んで一緒に落ちた。
クソ姫様と罵ってた。
車輌から落ちて線路脇の地面で続行。
モモの糸鋸の円月輪みたいのが騎士を攻撃した。
そうはならんやろとツッコまれてた。
騎士の斬撃で制御弁が切られた。
いきなりメノウと騎士の動きが止まった。
数秒前の位置に戻った。
モモとアーシュナもいきなり数秒前の位置に離れてた。
アカリが来てたけどメノウは怒った。
騎士がアカリに取り込まれるとやばいらしい。
痴話喧嘩とツッコまれてた。
メノウは自己破壊の導力を騎士に流し込んだ。
騎士に抵抗された。
QTEとかボタン連打とツッコまれてた。

処刑少女の生きる道第3話QTEっぽい動力の競り合い

結局はメノウの導力が勝った。
騎士は動かなくなった。
アカリが来なければもっと簡単に倒せたと、
アカリのほっぺをひっぱった。
かわいいとツッコまれてた。

暗転後2人は屋根にいた。
列車の暴走を止める魔導はアカリの力が必要。
ただ拒絶反応ですごく痛い。
メノウはかつて自己の殆どを喪失した。
だから導力接続は楽にできる。
門で列車を引き寄せてた。
アカリがなんか喘いでたw
くすぐったいと訴えてた。
この程度の拒絶反応とメノウは驚いた。
導力量の多さにも驚いてた。
門に包まれた列車は減速して、
駅に止まってた列車にぶつかる直前で止まった。

モモVSアーシュナはずっと続いてた。
まだやってると弾幕になってた。
めんどくさいやつとモモはぼやいてた。

もし列車が止まらなかったらとメノウは想像した。
アカリが時間を戻したシーンが脳裏をよぎった。
かつて本当にそんな事故が起きたように感じてた。
アカリの純粋概念の強さに驚いてた。
力を使うほど強化されるんだっけ。
騎士との戦いで巻き戻ったシーン=アカリが時間を戻したんでしょうね。
その前の「もう」は時間遡行とは関係ない?
メノウの前世はアカリの親友と察した?

アンケートは「とても」が69.7%「まあまあ」が17.1%、計86.8%が「良かった」だった。
処刑少女の生きる道第3話アンケート
個人的にはおもしろいんで、低く感じる。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)