笑ゥせぇるすまんNEW第8話「夢に追われる男」「ひげタクシー」あらすじと感想

笑ゥせぇるすまんNEW 8話「夢に追われる男」「ひげタクシー」は、
前半が夢の中の若い女とアバンチュールを楽しむ作家の話。
後半が気弱なタクシー運転手が横柄に変わる話。

「夢に追われる男」は、小山力也が主人公だったので、ジャックバウアーとか言われてたw

内容は毎晩悪夢を見るので困っている作家の話。
ワープロを使ってたのが前時代的。
今でも使っている人はいるらしいけど。

珍しく喪黒が消極的だった。
ジョギング中に出会った男に名刺をあげるだけ。
幽夢糖という好きな夢を見れるキャンディを上げてたので、
これを用意する必要があったのかもねえ。

作家は「マムコ」という若い女と夢の中で出会い、本気で惚れてしまう。
これってマンコの意味なんじゃ?w

で、1日1回だけという制約を守らずに何錠も一気に飲んでしまう。
20錠くらい飲んでたけど、なんかやけ食いに近い飲み方だった。
なんでこんな飲み方するのか動機が謎。
別に日常的に会社や家族から虐められてるわけでもないのに。
まあ、そこがこの作家の業と言われればそうなんだけど。

夢の続きで、マムコに結婚を迫られてたけど、所詮夢じゃんとしか……。
作家はこれを悪夢と受け取ったようで、
キャンディを食べずにジョギングするようになり、
そこで喪黒と再会。
なぜか喪黒は作家がキャンディを何度も食べたと知ってた。
指摘されて作家はビビってたので、ただのブラフかも。

で「ドーン」をされてたけど、その場では何もなかった。
でもジョギング中に作家は、本物のマムコにナイフで刺されてお終い。
でも夢かもしれない。
罰として死ぬのは一番重いオチ。

「ひげタクシー」は気弱なタクシー運転手の話。
客に強引に値引きさせられるようなタイプ。

今話も喪黒の「弱ドン」が出てたw
喪黒がタクシーに乗ろうとして、先客の酔客を弱ドンで起こしてた。

運転手の話を聞いてヒゲを渡してた。
必要の無いときは必ず外すという約束だった。

このヒゲで強気になった運転手は売上トップに。
それで迷惑な客以外にもどんどんヒゲを使い始めて、
ヒゲが取れなくなってしまうというオチ。
最後は乱暴な運転を平気でするようになり、
銀行強盗を運んで共犯と思われて警察に捕まってたw

喪黒が言うように誤解はすぐ解けるだろうし、罰としては弱い。
ヒゲの効果もなくなるけど、それは元に戻るだけだし。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)