笑ゥせえるすまんNEW第6話「かいぶつかします」「今夜も最高」あらすじと感想

笑ゥせえるすまんNEW第6話「かいぶつかします」「今夜も最高」は、
前半が売れない役者が怪物の仮面で人気になる話。
後半が夜型の生活を昼型に治したい若者の話。

かいぶつかします」は、喪黒福造が売れない役者と出会って、怪物のマスクを提案。
役者は宇土(ウドの大木)という名前。
宇土はガタイがいいタイプだけど童顔なのが欠点。
でもとても童顔には見えなかったw
怪物のマスクをして「怪物貸します」という仕事をやり始めた。
喪黒は宇土のマネージャーもやってた。
元のマネージャーはこの役者をなぜか通行人の役に押し込んだり、
どう見ても場違いな役柄を与えてたので、
嫌がらせが狙いか天然で無能かどちらかだった。

マスクをしてからは急に人気化。
あちこちからオファーが来るようになってた。
しかしそれを聞きつけた元の事務所の社長がやって来て、
映画の宇土の仕事を斡旋するから事務所に戻れと唆す。
宇土は元から気が弱いタイプなので、社長の言いなり。
社長は喪黒に手切れ金を渡して、喪黒はあっさり引き下がってた。
ただ別れ際に、成功を祈る「おまじない」と言って「ドーン」をやってたw
「お呪い」(おまじない)の元の意味は「呪い」(のろい)なので、嘘は言ってないw

このドーンでマスクが取れなくなってしまい、
しかも性格までマスクに合せて凶暴化。
ぶち切れて映画のセットを次々に破壊してた。
つまり「怪物貸します」とは「怪物化します」だったというオチ。
映画の仕事自体、喪黒の仕掛けかもねえ。
ニコニコ動画のコメントでは宇土は悪くないと言われてたけど、
自分の意思できっぱりと断らずに社長の言いなりになり、
恩人(喪黒)の好意を無下にしてるんだから、やはり自業自得。
とは言え、喪黒はこうなると予見してたんだろうけどw

今夜も最高」は、夜型生活をしているせいでまともにバイトすらできない若者が主人公。

若者は銅鑼木遊良(ドラキュラ)という名前w
昼間にいくら起き続けていても、どうしても夜寝られないという体質だった。

銅鑼木と喪黒が出会って、喪黒は夜ぐっすり眠れる香を渡す。
ただし二度と夜更かししないようにと念押ししてた。
夜更かしして睡眠障害になるオチかと思ったら違った。

銅鑼木はバイト先の先輩に連行されてカラオケなど夜更かし。
特に仲が良い描写が無いのに、なぜ誘うのか怪しい……。
喪黒の仕掛け人かなって印象。

銅鑼木は夜更かしからの朝帰りで、自宅前で待ってた彼女と再会。
夜通し待ってたんですかね。
彼女は「もう決めた」とだけ言って立ち去るけど、
そこに喪黒が都合よく現れて、銅鑼木は自分を本当の昼型人間にしてくれと懇願。
喪黒は「ドーン」をやってたけど、何の意味があったのかは謎。

というのも、その日の夜に彼女が銅鑼木の元を訪ねて、
夜の仕事をする事にしたと宣言。
銅鑼木は例のお香でこれから寝ようとしていた所だった。
しかしお香の煙であえなく睡魔に襲われてしまう。
彼女は仕事に行ってくると告げてタクシーに乗っておしまい。
この彼女も喪黒に唆された被害者じゃないかなという気はする。
そのくらいやってそうなんだよね、喪黒って。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)